第31話

 俺はソファーに座り、映画の上映を待った。

 先輩は俺の隣に座り、俺の肩に頭を乗せる。


「随分頑張ったのね」


「ま、それなりにですよ……」


「ウフフ、ありがと」


 映画はクリスマスを題材にした、海外のラブロマンス映画だ。

 結構人気があり、面白いと評判らしい。

 クリスマスにカップルで見る映画として、ネットでお勧めされていた。 

 映画の最中、先輩は俺の手を握りながら映画に集中していた。

 そして、およそ二時間ほどで映画は終わった。


「面白かったわね」


「まさかベッドシーンがあるなんて思いませんでしたよ」


「まぁ、R15の映画だしね」


「キスシーンも流石海外って感じでしたよ」


 映画が終わり、俺と先輩は話しながら外に出る。

 時間も夕飯時になり、俺は先輩を連れて次の目的地に向かう。


「今度は何所に連れてってくれるの?」


「まぁ、腹も減ったと思うんで……あぁ、ここです」


「おぉ、お洒落なレストラン」


 俺が次に先輩を連れてきたのは、フレンチレストラン。

 まぁ、ここもデートにお勧めと書いてあったので、予約を取ったのだが……ここも結構頑張って金を出した店だ。

 俺と先輩は席に通され、指定された席に座る。

 

「ここも個室なの?」


「個室じゃないと落ち着かないので」


「フフ、あっそ」


 先輩は俺を見ながら、ニコニコと笑顔を浮かべる。


「何ですか?」


「いや、なんかいつにも増して頑張ってるな~って思っただけよ」


「まぁ、頑張りますよ。先輩とのデートですし」


「きゅ、急になによ……ばか……」


 顔を赤くする先輩を見ながら、俺は思わず口元を歪める。

 

「頑張った甲斐がありましたよ」


「べ、別に頑張らなくても……私は次郎君と居られればそれで良いのよ」


「たまには頑張らせて下さいよ」


 俺と先輩はそんな話しをしながら、食事を始めた。

 高いだけの事はあって、味は申し分無かったし、見た目も凄く良かった。

 でも、先輩ならこの程度店には来慣れているかもしれない。

 あの高そうなマンションに、来ている服もかなり高価な感じがする。

 しかも、この前来た先輩のお母さんも、高そうなスーツを着ていた。

 先輩の家の事はよく知らないが、噂だと会社を経営しているなんて話しがある。

 知っているようで、俺は先輩のすべてを知っている訳では無い。

 まぁ、俺も実家の事は一切話しをしていないのだが……。


「美味しかったわね」


「中々でしたね、本当に」


 食事を終えた俺と先輩は、自宅への道のりを歩いていた。

 

「で……クリスマスの最後って言ったら……あ、あそこよね……」


 帰る途中、先輩は俺から視線を反らしながら、そう言ってきた。

 まぁ、クリスマスのとある時間はカップル達が、最もアレをやる時間として有名なのだが……。


「ホテル、部屋空いてますかね?」


 流石に俺もそこまでは準備していない。

 て言うか、ラブホの予約なんてあるの?


「次郎君の家で良いわよ、その方が落ち着く」


「じゃあ、帰りますか……」


 先輩の望み通り、俺は自分の家に帰って行く。

 家に着いた時刻は夜の21時過ぎ。

 帰宅した俺は、コートにずっと入れていたプレゼントをどのタイミングで渡そうかと悩んでいた。


「ね、一緒にお風呂入りましょうよ」


「え? あ、はい」


「何してるの? コートに何か付いてた?」


「あ、いえ何も……じゃあお風呂沸かしますか」


 俺は再びコートにプレゼントを戻し、風呂を沸かし始める。


「時間あるし、ゲームしよ」


「クリスマスまでゲームですか……」


「だって、暇だし」


「まぁ、俺ららしいですね」


 俺と先輩は風呂が沸くまでの間、ゲームをして待つ事になった。

 やっぱりクリスマスでも、やることはあまり変わっていない気がするが、まぁコレが俺と先輩なのだろう。


「あ! 次郎君今のずるい!」


「ずるいって……アイテムの効果ですよ」


「そんな効果聞いて無い!」


「説明に出て来ましたよ」


「そんなの読んでないわよ!」


「自業自得です」


 そんなこんなで、ゲームをして過ごす俺と先輩。

 なんだかんだで、風呂が沸いた後も熱中してやってしまった。

 そして、ゲームにも飽きた頃、先輩が顔を赤くして俺の服の袖を引っ張って来た。


「……お風呂……入りましょうか……」


「そ、そうですね……」


 考えて見れば、一緒に風呂に入るなんて始めてだ。

 というか、明るいところで先輩の裸を見るのも始めてだ。

 まぁ、先輩の下着姿とかなら、よく見たのだが……裸と言うのは全く意味が変わって来る。 

「で……どっちから入ります?」


「じ、次郎君入ってて……あ、あとで行くから」


「わ、分かりました」


 何度かそういう事をしたとはいえ、やはりまだ気恥ずかしさは残る。

 一年付き合えばまた違うのだろうか?

 俺はそんな事を考えながら、服を脱ぎ体を洗って浴槽に浸かる。

 よく考えたら、この狭い浴槽にどうやって二人入ろう……。


「絶対狭いよな……」


 なんて事を考えて居ると、浴槽の入り口に先輩の陰が写る。

 

「じ、次郎君……は、入っても良い?」


「ど、どうぞ……」


 俺がそう言うと、先輩が体にタオルを巻いて入って来た。

 顔はリンゴのように真っ赤になっており、かなり緊張している様子だった。


「あ、あんまり見ないでよ!」


「散々見せようとした癖に……」


「う、うるさいわね! 良いからそっち向いててよ! 体洗うから!」


「それなら、一緒に入ろうなんて言わなきゃ良いのに……」


 俺は言われるがまま、先輩と反対の方を向く。

 後ろで先輩が体を洗っていると思うと、なんだか変な気分になってくる。


「あ、あの……本当に俺先に上がってましょうか?」


「い、良いから! もう少し待ってて……」


「は、はい……」


 先輩にそう言われ、俺は大人しく湯船の中で先輩を待った。

 

「じゃ、じゃあ……入るから……その……詰めて……」


「あ、はい……」


 俺は先輩に言われるがまま、端の方に寄って先輩が浴槽に入れるようにした。

 すると先輩は俺に背中を向け、浴槽の中に入ってきた。

 先輩は俺に体を預け、そのまま浴槽に肩まで浸かる。

 この態勢は俺からしたら、非常にまずい。


「あ、あの……なんでこの入り方なんですか?」


「別に良いでしょ……はぁ……あら? 背中に何か当たって……」


「仕方無いでしょ……この状況じゃ……」


「?………!!」


 先輩は最初わからない様子だったが、俺の言葉で意味に気がついたのか、更に顔を赤くして、浴槽の中に顔を沈めて行く。


「……エッチ…」


「だから仕方ないでしょ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます