第34話

 二人の女性に挟まれ、俺は気まずい雰囲気の中、二人の女性の間で小さくなっていた。

 まぁ、本当なら部屋に入れるべきでは無いのかもしれないけど、この大雪の中で帰れとも言えないし……。

 なんてことを悩んでいると、先輩がふと俺の方にもたれ掛かってきた。


「先輩、あの……」


「何?」


 口調がいつも寄より強い。

 確実に怒ってるなぁ……。

 どうしよう……トイレ行きたいんだけど……。

 なんてことを考えて居ると、今度は逆側の愛実ちゃんが俺の方にもたれ掛かってきた。


「愛実ちゃん?」


「スー……スー……」


「寝たふりやめようね」


 愛実ちゃんは先輩に対抗してか、俺の方にもたれ掛かってきた。

 寝たふりでやり過ごそうとする愛実ちゃんだが、そんな愛実ちゃんの頬を先輩がつねる。


「痛い痛い!! 何するのよ!」


「それはこっちの台詞よ! 次郎君に変な事しないでって言ったでしょ!」


「別にしてないでしょ! 独占欲強すぎなんじゃないですか?」


「別に普通よ!」


 またしても言い争いを始める両者。

 あぁ……トイレ行きたい……。

 それからも二人の攻防は続いた。

 飯を食うとなれば、どう座るかで揉めたり、風呂に入るとなれば、何故かどっちが俺と入るかで揉めたり……いや、一人で入りますよ?

 そんなこんなが有り、家に居るはずなのに余計に疲れてしまった。


「はぁ……お願いだから、半日くらい仲良くしてよ……」


「「そんなの絶対無理!」」


「まぁ、そうだよね……」


 自分で言っておいてなんだが、この二人は一応恋のライバルだ。

 まぁ、第一印象からこの二人は印象最悪だったしな……。

 愛実ちゃんを連れて来てしまった俺が悪いのだが、緊急時くらいは喧嘩をやめてほしい… …まぁ、俺が言えた事では無いのだろうけど……。

 そして、いよいよ寝ようとなった現在……。


「あの………なんでこうなったんですか?」


 俺は先輩と愛実ちゃんに挟まれて、床に布団を敷いて寝ている。

 最初は先輩がいつものように、俺と寝ようとしていたのだが、それに愛実ちゃんが対抗し、愛実ちゃんまで俺と寝ると言い出す始末。

 それ以降は、いつものように言い争いになり、結局こう言う形に落ち着いた。


「あの、俺が一人でロフトで寝ますので、二人でベッドを使って下さいよ」


「「この女と一緒に寝るなんて嫌」」


「そうですか……」


 こういうときは息ぴったり何だよなぁ……。

 俺はもう諦め、早く寝てしまおうと目を瞑る。

 しかし、眠れる訳がない、右を向けば先輩、左を向けば愛実ちゃんが俺の腕にくっついて

寝ているのだ。

 当然落ち着いて眠れる訳がない。

 俺は必死に目を瞑って羊を数え始めるが、一向に眠気がやって来ない。

 隣の二人は、早々と寝てしまったようだ。


「はぁ……この隙にベッドに移動するか……」


 俺は二人が眠っているうちに、ベッドに移動しようとしたのだが、二人から両腕をガッチリとホールドされて、抜け出す事が出来ない。


「ダメか……」


 無理やり抜け出して、二人を起こすのも悪いので、俺は我慢してそのまま眠りにつく。

 やっと眠気がやってきた、そんな矢先だった。

 愛実ちゃんの方が、何やら起き上がり始めた。

 トイレだろうか?

 などと考えながら、俺は目を瞑っていたのだが、愛実ちゃんは立ち上がらず、そのまま俺の体に覆い被さるように抱きついてきた。


「え?! ちょっ……何やってるの!」


 俺は小声で愛実ちゃんにそう言う。

 こんなところを先輩に見られたら大変だ。

 早くどくように言おうとすると、愛実ちゃんは俺のお腹に顔を埋めたまま話し始めた。


「先輩……覚えてますか? 私と始めてあった時の事……」


「きゅ、きゅうに……どうしたの?」


 先輩ほどでは無いが、愛実ちゃんも結構胸が大きい。

 そんな子に抱きつかれたら、どんな男でも意識してしまう。


「私、始めて先輩に出会った時、絶対に好きにならなそうなタイプの人だなって思ってタンです」


「そ、そうなんだ……なんでも良いから早く退い……」


「でも、今はこんなに大好きなんです」


「その前に俺の話しも聞いてもらって良いかな?!」


 俺の言葉を無視して、俺の体をがっしりと抱きしめる愛実ちゃん。

 俺は隣の先輩が起きないかと、心配でしょうが無かった。

 

「クリスマス……本当は先輩と過ごしたかった……」


「愛実ちゃん……」


 涙を流す愛実ちゃんに、俺は心を痛める。

 しかし、コレばかりはどうしようもない。

 俺には先輩が居る。

 愛実ちゃんの思いに応える事は出来ない。


「ごめん……」


「良いんですよ……自分でもしつこい女だってわかってます……だから……今日で終わりにするつもりだったんです……」


「え……」


「今日、先輩にもう一回思いを伝えて、終わりにしようと思ったんです」


「だから、俺を待ってたのか……」


「はい……予想外にお泊まりまで出来ちゃいましたけど」


 ニコッと笑ってそう言う愛実ちゃんの瞳からは、大粒の涙が溢れていた。


「ごめん、本当に……」


「先輩は謝る必要なんてないですよ。悪いのは私なんです……でも、先輩がもし嫌じゃ無ければ……これからも仲良くしてくれますか?」


 不安そうに言う愛実ちゃん。

 俺は笑顔で愛実ちゃんに言う。


「もちろんだよ」


 そう言うと、愛実ちゃんは安心したのか、再びニコッと笑った。


「先輩、先に謝ります。ごめんなさい」


「え………」


 愛実ちゃんはそう言うと、突然俺の顔に自分の顔を近づけてきた。

 そして、俺の唇と自分の唇を重ねた。

 何が起きたのか全くわからない俺は、数秒間の間放心状態になってしまった。


「……最後の私のわがままです。もう、先輩の事は諦めます」


 そう言うと愛実ちゃんは、俺の方に背を向けて再び眠り始めた。

 隣に先輩が居るというのに、なんて大胆な子なんだと思いながら、自分の唇を指で撫でた。

「おやすみ」


 そう言って俺は、目を瞑って眠り始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます