第26話

 結局、俺と博男は先輩達の強引な押しに負け、温泉サークルに入会した。

 最初は不安だったが、中々に活動はしっかりしていた。

 温泉に泊まりで行くのはもちろんの事、近くのスーパー銭湯に行ったり、温泉の効能を調べたり。

 以外とちゃんとしていた。

 そんなある日の事だった。

 新入生の歓迎会と言うことで、先輩達が飲み方を開いてくれた。

 もちろん俺と博男は未成年なので飲めない。


「じゃあ、カンパーイ!」


「「「カンパーイ」」」


 場所は駅前の居酒チェーン店。

 メンバーは三年生の先輩が三人に、二年生の先輩が四人、そして俺と博男に他の一年の女の子が一人だ。


「いやぁ~、我が部も大きくなってきたね~」


「大きくしようと思えば、いくらでも大きく出来ますよ……」


 二十歳を越えた先輩達は、飲み放題のお酒をバンバン注文し、先ほどから飲みまくっている。

 そんな中、俺たち一年組は他の先輩達に話しを聞いていた。

 

「災難だったな、片岡は一度言いだしたら聞かない女なんだ」


「まぁ、何となくそれはわかりました……えっと、関口先輩はなんでこのサークルに?」


 三年の関口先輩は、イケメンで優しい人だった。

 博男のように髪を染めたり、ピアスを開けたりしていない、黒髪で背の高いクールな人なのだが……時々天然なのだ。


「俺と由島は幼馴染みでな、あいつが入るって言うんで、一緒にって誘われたんだ」


「そうなんですか。あ、もしかして由島先輩と関口先輩って……」


「あぁ、付き合ってるよ」


 同じく三年の由島先輩は、一言で言うとセクシーなお姉さんだ。

 胸が大きく、それなのに体型は細身で、ウェーブが掛かったショートボブの髪型で、大人っぽい魅力のある先輩だ。

 確かに、いつも二人揃って帰るし、仲が良い。

 付き合っていると言われても納得だ。


「あの、付き合ってどのくらいなんですか?」


「あぁ、中三からだから……もう六年以上かな?」


「長いですね」


「ま、お互いにずっと一緒だったし……今更離れられないっていうか……」

 

 そんな話しをしていると、話しを聞きつけたのか、酔っ払った由島先輩が関口先輩に絡んできた。


「ゆーちゃ~ん……この後ホテル行こ~」


「飲み過ぎだぞ、後輩の前でみっともないぞ」


「うわーん、ゆーちゃんが虐めたー」


「あぁ、完全に出来上がってるな……すまん、俺はこいつの相手をしてるわ」


「あ、いえ。お気になさらず」


 関口先輩はそう言って、由島先輩の相手を始めた。

 彼女か……正直言うとあんまり欲しいとは思わないな……。

 そりゃあ、可愛い女の子と出かけたり、一緒にご飯食べたりとかは楽しそうだが、別にそこまで彼女が欲しいとも思わない。

 俺がそんな事を考えていると、博男が一緒に入会した新入生の女の子の村田さんと話しをしているのが聞こえてきた。


「村田って、どこ住んでるの?」


「私は、大学の近くのアパートに……」


「へぇー良いなぁ~……俺なんて大学から結構離れたとこのアパートだからさー」


 村田さんは小柄な可愛らしい女性だ。

 由島先輩をセクシーな大人の女性とするなら、村田は可愛い系の女性だ。

 なにやら良い雰囲気の二人。

 邪魔をするのもなんだか嫌なので、俺じゃトイレに向かった。


「はぁ……まぁ、今のところは普通か……」


 などと独り言を言いながらトイレを出ると、そこでバッタリあの先輩に会ってしまった。


「あ……えっと、間宮先輩」


「あら、確か……岬君よね?」


「あ、はいそうです」


「大学は慣れた?」


「まぁ、ぼちぼちですね……あはは」


 俺は間宮先輩の綺麗な顔立ちに思わず、緊張してしまった。

 性格は優しく、誰に対しても分け隔て無い間宮先輩は、大学内ではアイドルのような存在だった。


「お酒は飲んじゃダメよ」


「の、飲みませんよ」


「ウフフ、偉いのね」


 そう言って笑った彼女を見て、俺は不覚にもドキッとしてしまった。

 その語、楽しい飲み会は終わり、皆で二次会の話しをしていた。

 博男も村田さんも二次会に参加するようすだったが、俺は遠慮した。

 理由は簡単、持ち合わせが無いのだ。


「えぇ~岬も来いよ~、お姉さんと歌おうぜ~」


「すいません、俺は今日は遠慮します」


「あ、私もパス」


 俺が断ったタイミングで、同じく二次会を断った人物がいた。

 それは間宮先輩だった。


「えぇー! ミーちゃんも来ないの~」


「だからそのあだ名はやめて下さい! 予定があるんです」


「む-、ならしょうがない……野郎共! あたしらだけで行くぞぉぉ!!」


 そう言って、片岡先輩達はカラオケに向かって行った。

 残った俺は間宮先輩に別れを告げて帰ろうとする。


「あの、すいません……俺はコレで」


「あら? レディーを夜中に一人歩きさせるの?」


「え! そ、それは……送って行けってことですか……」


「嫌なら良いわよ~、あぁ! こんな夜道に、強姦魔にでも襲われたら!!」


「わかりましたよ! 送っていきます!」


「ウフフ、ありがと」


 まぁ、俺も若干そうしなくてはと思っていた。

 先輩の言うとおり、女性の夜の一人歩きは危険だし、間宮先輩は美人だ。

 そう言う事をされそうになっても不思議では無い。

 しかし、送っていくとなった場合、俺が先輩に下心があるのでは無いかと誤解されそうだったので、俺はあえてさっさと帰ろうとしたのだ。


「ねぇ、岬君って彼女居ないの?」


「居ませんよ、それに欲しいとも思いません」


「あら? じゃあ、もしかして片岡先輩の言うとおり……同性愛者?」


「怒りますよ?」


「冗談よ。ウフフ」


 楽しそうに俺をからかってくる先輩。

 悔しいが、そんな笑顔も素敵だと思ってしまう自分が居た。

 そして、先輩の自宅であるマンションに到着した時、俺は驚きのあまり開いた口が塞がらなくなってしまった。


「せ、先輩……こんな高級マンションに住んでるんですか?」


「そうよ? でも、そこまで高く無いわよ?」


 先輩はそう言ったが、このマンションが高くない訳が無い、俺はそう思った。

 大きな建物に、オートロックも完備。

 おまけに駐車場も大きく、マンションの住人らしき人も裕福な感じがした。


「じゃ、じゃあ俺はこれで……」


 住む世界が違う。

 俺はそんな事を思いながらその場を後にしようとする。


「あ、まって!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます