第28話

 俺はとりあえず先輩を落ち着かせ、話しを聞く。


「で、本当の先輩はあれなんですか?」


「あれとか言わないでよ……はぁ…まさかまだ人が居たなんて……」


「一人になった教室で、何やってんすか……」


 呆れた様子で俺は先輩に尋ねる。

 先輩は顔を赤くしながら髪を弄り、はずかしそうに話し始める。


「私だって大変なのよ……周りから変に完璧な女って思われちゃったから、完璧で居なきゃいけないのよ……」


「面倒っすね」


「うっさいわね! はぁ……みんな本当の私なんて知らないのよ……そのくせに、綺麗で良いわね~とか……バッカじゃないの! 好きでもない男に好かれる事の何が良いのよ! あぁ! ムカつく!!」


 色々溜まっているようだな……。

 俺はそんな先輩の話しを顔を引きつらせながら聞いていた。

 先輩はいつもの綺麗な笑顔ではなかった。

 今までに見たことがない、かなり不機嫌な表情で先輩は不満を漏らしていた。

 こんなところを他の人に見られたら、一気に先輩のイメージが塗り替えられるんだろうな……。


「そんなに辛いなら、無理に完璧でなくても良いんじゃ……」


「そんなのしたら、私の大学生活終わるわよ」


「そう言うもんですかね?」


 薄暗くなってきた外を見ながら、俺は先輩に言う。

 そんな生活で面白いのだろうか?

 自分を偽り、本当の自分を誰にも見せずに過ごすなんて、大変だし、誰にも頼ることが出来ない。

 それは大変な事だと思うのだが……。


「楽しいですかね? そんな大学生活……」


「楽しいわよ、皆からは尊敬されるし、男には困らないしね~」


「そうですか……なら良いんじゃないっすか……」


「なによ、何か言いたげじゃない」


「別に何でもありません……今日の事は、俺は忘れた事にします。誰かに言ったりしないので、これからは囮や身代わりに使わないで下さいよ?」


 俺はそうとだけ言って、教室を出ようとする。

 しかし、その行く手を先輩が塞ぐ。


「待ちなさい」


「なんすか……誰にも言いませんって!」


「そんな言葉を信用しろとでも?! まぁ、岬君ごときの話しを誰かが信じるとも思えないけど」


「なら、良いでしょう……」


「そうは行かないわよ! 私の秘密を知ったんだから……ただじゃ済まないわよ……」


 先輩は俺を壁に追いやり、壁ドンをしてくる。

 まさか俺の人生で、こんな綺麗な人に壁ドンされるとは思わなかった。


「あ、あの……先輩?」


「良い……私の気が済むまで、岬君は私の弾避けね」


「た、弾避け?」


「面倒な告白とか、コンパに一緒に来て、酔っ払った私に変な事をしようとした奴らから、私を守る役。光栄でしょ?」


「不名誉です!」


「良いの? そんな事を言うなら、大声で今からこう言うわよ? キャー襲われる~!」


「ああぁぁぁぁ! か、勘弁して下さいよ!」


「なら、わかるわよね?」


「卑怯っすよ……」


「私はそう言う女なの……じゃあ取りましょうか」


「え……うわ!」


 先輩はブラウスのボタンを大きく外し、俺に掴ませた。

 そしてその様子をスマホで撮影する。


「これで、貴方は逃げられないわよ? じゃあ、これからよろしくね岬君」


「なんでも良いですけど……」


「何かしら?」


「手……離して下さい……」


「え……キャー!! 何所触ってるのよ!!」


「イテェェェ!!」


 先輩は俺の手が、まだ自分の胸にあることに気がつかず、顔を真っ赤にして俺の頬を叩く。 これはこれでラッキー、なんて思った俺だったが、アンラッキーの方がこれから多くなっていく事を考えると、全く喜べなかった。

 それからは、更に大変だった。

 事あるごとに先輩に呼び出され、全く知らない人たちのコンパに無理矢理参加させられて、先輩を徹底的にガードしたり、サークルでも先輩の小間使いをさせられたりと、色々大変だった。

 そのせいで、学校では俺は先輩の忠犬として認定されてしまい。

 一部の女子の間では、先輩に付きまとうストーカーだとも言われた。


「あぁ……もうヤダ……」


「お前も大変だな」


「そう思うなら、博男も先輩になんとか言ってくれよ……」


「俺一人が言っても、何も変わらないだろ? それに、俺はこれからデートなんだよ」


「へいへい、村田とだろ? 手が早いっていうか……お前ら仲良かったしな」


 俺が先輩から苦しめられている頃、博男は同じサークルの村田と付き合い始めていた。

 季節はもう秋。

 入学から半年が経ち、大学生活にも随分慣れてきていた。

 そんなある日だった、いつもは毎日呼び出しから始まる朝の先輩からの電話が、この日はなかった。


「珍しく電話が来ないな……」


 俺はそんな事を考えながら、大学に向かい抗議を受けていた。

 いっつもならば、抗議の最中でも先輩からの頼みがメッセージで送られて来るのだが、今日はそれが全くない。


「何かあったのか?」


 こう言う日は、逆に不安になってくる。

 またとんでもない事を急に言い出すのでは無いかと……。

 しかし、俺のそんあ不安は思いがけない形で晴らされた。


「え? 風邪ですか?」


「そうなのよ、今日御子から電話が合ったのよ」


 それを教えてくれたのは、同じサークルの伊島先輩だった。

 

「そうですか」


 なんだ風邪か………。

 俺は今日一日は先輩に面倒事を頼まれずに済むと、喜んだ。

 しかし、そんな俺を伊島先輩がジッと見てきた。


「あ、あの……何か?」


「前から聞きたかったんだけど、岬君ってあの子の本性知ってるわよね?」


「え!? あの……まさかと思いますが、先輩もですか?」


「私はあの子と小学校から一緒なのよ? 知らないはず無いでしょ……」


「そ、そうなんすか……じゃあ、昔から先輩はあんな感じなんですね」


「まぁそうね、綺麗でいつもニコニコしてて、優しい御子ちゃんって言われてたけど、その実体は……」


「わがままで、自分大好きの女王様……ってとこですか?」


「上手いこというわね」


「ありがとうございます」


 始めて先輩の事で、意見の合う人と出会えたかも知れないと思った。

 

「でも、あの子大丈夫かしら……あの子、家事全般ダメなのよ……連絡も朝の数回以降返信無いし……」


「え……そうなんですか?」


「そうよ……それにあの子、頼れる友達がそんなに居ないのよ……風邪拗らせないと良いけど……」


 それを聞いた俺は、なぜだか急に先輩の苦しそうな顔が頭に浮かんだ。

 俺は先輩を心配しているのだろうか?

 確かに、いつも自分を偽って大学では生活をしているのだ。

 風邪だからと、誰かを頼ろうとしても、何かの拍子で本性がバレるのでは無いかと先輩は思って、苦しくても誰にも頼れないのでは無いのだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます