第27話

 俺は先輩に呼び止められ、まだ何かあるのだろうかと思いながら、先輩の方を振り向く。


「今度はなんですか?」


「大した事じゃないのよ……また何かあったら、助けてね」


 そう言って先輩はニコッと笑って来た。

 言われた俺は、とりあえず返事をして帰ろうとする、


「あぁ…はい」


 なんとも締まらない返事だと自分でも思ったが、俺は早く帰って休みたかった。

 そんな情けない返事をした後、俺はそのまま家に帰った。

 そして俺は、このときの先輩の言葉の意味を今はまだ、何も知らなかった。

 そんな事があった翌朝。

 俺はいつもの通り大学に向かい、授業を受けていた。

 そんな時だった……。


「あ、岬君!」


「え……あぁ、間宮先輩」


 廊下を歩いていたところを先輩が俺の方に駆け寄ってきた。


「昨日はありがと、これから授業?」


「いえ、今日はもう帰るところです」


「あ、それならちょっとお願いあるんだけど……良いかな?」


「お願いですか?」


 先輩は両手を合わせて、上目遣いで俺に頼み事をしてきた。

 こんな先輩の頼み事を普通の男なら、嫌とは言わないだろう。

 もちろん俺もそれは同じだ。


「俺に出来る事なら、良いっすよ」


「本当?! よかったぁ~じゃあちょっと来て!」


「え! 先輩ちょっと!」


 俺は先輩に手を引かれ、どこかにつれて行かれる。

 俺は先輩に連れられ、大学内の中庭に連れて行かれた。


「あ、あの……先輩一体なんですか?」


「ちょっとまってね…多分今来るから……」


「?」


 不思議そうな顔で先輩を見ていると、何人かの男の人が中庭にやってきた。

 全員、身なりが整っており、中々にカッコイイ人ばかりだった。

 俺はそんな人たちを見て、なんだか嫌な予感がし始めた。

 先輩はそんな俺の気持ちを察してか、がっちりと腕をホールドしてくる。

 そんな先輩の行動から、俺はますます嫌な予感がしてきた。


「間宮さん! この前の返事聞かせてよ!」


「俺もだ! 君の事が好きなんだ!」


「どうか俺と付き合って!」


 男達は一斉に先輩に告白してきた。

 あぁ、やっぱりか……俺はそう感じながら、どんな顔でこの場に居れば良いのか悩む。

 気まずい状況の中、先輩は笑顔で俺の腕にくっつき、とんでも無い事を言い出す。


「ごめんなさい、私にはこの人が居るから」


「え………」


「「「えぇぇぇぇ!!!」」」


 俺の腕にしがみつきながら、意味深な事を言う先輩。

 俺は開いた口が塞がらず、目の前の男達も驚きのあまり、大声をだして絶叫していた。


「じゃあ、そう言うことで~」


「あ! 先輩!!」


 先輩は意味深な事を言うと、直ぐにその場を後にして、どこかに行ってしまった。

 残された俺と、先輩に告白していた男達は、非常に気まずい状況だった。

 しかし、それだけでは終わらなかった。


「お、お前みたいな奴が……間宮さんと……だと…」


「許せん!」


「フフフフフ……」


「あ、あの……皆さん?」


 男達は行き場の無い不満をあろう事か俺の方にい向けて来た。

 俺は、冷や汗をかきながら、先輩に囮として使われた事に気がつく。

 そして……。


「まてぇぇ!」


「逃げるなぁ!」


「殺すぅぅぅ!!」


「ご、誤解ですってぇぇぇ!!」


 俺はその後、この三人から一時間も大学内を逃げ回っていた。

 なんとか無事に帰れた俺は、部屋のベッドに倒れ込み、間宮先輩に対する見方を改めていた。


「な、何が優しく綺麗な先輩だ……人を囮に使いやがって……」


 先輩への不満を口にしながら、俺は眠りに落ちていく。

 そしてこのときの俺はまだ知らない。

 この後も先輩に、多くの面倒毎を押しつけられる事になるなんて……。

 

「岬君、お願いがあるんだけど……」


 ある時は、告白の返事の手紙を持って行かされ……。


「岬く~ん……コレもお願い」


 またある時は、贈り物の返却に行かされ……。


「次はコレね~」


 またまたある時は、彼氏役を頼まれと、災難な日々が続いた。

 そんな事があってか、大学内では俺が先輩の犬だと呼ばれるようになっていた。

 先輩の言うことを忠実に聞く犬……なんて不名誉だと、俺はコレを知った時、激しいショックを受けた。

 そんな日々が続いたある日、俺は大学の空き教室を通り掛かっていた。


「ん? なんだ……この声……」


 空き教室から、何やら声が聞こえてきた。

 時刻はすっかり遅い時間で、大学内に人は少ない。

 俺は何だろうと、興味本位で空き教室の中を覗いた。

 すると、中には先輩が居た。

 何となく見つかってはいけないと思い、俺はドアの隙間から様子を見ていた。


「あぁ! もう! なんなのよ毎日毎日! 私とあんな男が釣り合う訳ないでしょっての!!」


 先輩は機嫌が悪そうだった。

 いつも学校ではニコニコしている先輩が、空き教室の中では眉間にシワを寄せ、怒りをあらわにしていた。


「大体なにが、元から顔が良い人間は苦労を知らなくて良いよ! こっちはこっちで苦労してるのよ!!」


 次々と不満を口にしていく先輩を見て、コレが素の先輩なんだろうと俺は思った。

 あぁ、この人も色々大変なんだなぁ……とか思いながら、先輩の様子を見ていると、俺は先輩に気を取られ過ぎてしまい、思わず音を出してしまった。


「だれ!」


 ヤバイ!

 そう思った俺だったが、既に遅かった。

 先輩と目が合ってしまった。


「あ、あの……色々大変っすね……」


「な……き、聞いてたの?」


「ま、まぁ……はい」


 そう言うと、先輩は見る見る内に顔を真っ青をにし、膝をつく。


「お、終わった……」


「いや……その……えっと……覗き見したのはすいませんでした……」


 色々と衝撃的だったが、まぁ先輩も人間なのだ、裏表があったとしても不思議ではない。

 むしろ、いつもニコニコして、悩みなんてなさそうな先輩にも、人並みに悩みがあるんだと思うと、なんだか親近感が沸いてくる。


「どうせ……皆に言う気でしょ! 間宮御子は、とんでもなく性格の悪い女だって!」


「自分で自覚はあるんですね……」


「それとも何? 私を脅して、いやらしい事を要求するつもり!?」


「えっと……とりあえず落ち着いて貰って良いっすか?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます