第36話

 別にヤキモチと言う訳では無い、ただ先輩がいきなりマスターにそんな事を言うから、驚いただけだ。

 俺と先輩の会話を聞きながら、マスターは「若いって良いなぁ……」なんて事を言っていたが、世間一般で言えばマスターもまだ若いのではないだろうか?

 しかも、女子高生からストーカーされてる訳だし。

 そんな事を考えながら、マスターが淹れ直してくれたコーヒーを飲んでいると、店の扉が開いた。


「いらっしゃ……い…ませ……」


「お疲れ様です! マスター!」


 入って来たのは、制服姿の女子高生だった。

 その顔を俺は何度か見た事があった。

 そう、あのクリスマスの前日にマスターを尾行していた女の子だ。

 店長も青かった顔を更に青くしていたので、間違い無いだろう。


「お、お…お疲れ……じゃ、じゃあ…今日も……よろしく」


「はい! じゃあ、着替えて来ますね!」


 店長は引きつった笑顔で女の子にそう言うと、女の子がバックヤードに向かったのを確認した後、深く溜息を吐く。


「はぁ~……」


「あの子……ですよね?」


「普通に可愛い子だったわね。まぁ、私よりは劣るけど」


「本当、先輩は相変わらずですね……」


 女の子はポニーテールに、大きな瞳で背丈は小さめだった。

 世間一般で言えば可愛い子なのかもしれないが、問題はそこでは無い。

 

「あぁ……今日も来ちゃったか……」


「あからさまに落ち込まないで下さいよ……まぁ、気持ちは察しますけど……」


「仕事は出来るんだよ? それに根は良い子なんだ……でも……」


「そう言う人がストーカーって結構ありますよね? 普通だったのに意外にって場合」


 この店の従業員は、マスターとあのストーカーの子と他に三人ほどバイトがいるだけらしい。

 そこまで忙しく無い店なのだが、休日はやはりどうしても混んでしまうらしく、人手が欲しいらしい。


「はぁ……そろそろ諦めてくれないかな……」


「マスターさん、好きって言われたの?」


「まぁ……出会って少し位の時に言われたよ。でも、僕の年齢もあるし……それにあの子はまだ高校生だ。世間を知らなすぎる。だから、気持ちだけ貰って、お断りしたんだ、この子には私みたいなおっさんより、良い出会いがあるって……」


「そしたら?」


「ストーカーになりました……」


 先輩がマスターに尋ねる。

 マスターの意見は最もだし、断った理由も結構正当かも知れない。

 もし、マスターが付き合う、なんて言い出したら、淫行なんかと間違われそうだ。


「マスター、良い人居ないんですか? 居れば、彼女も諦めますよ」


「居たらこんなに苦労しなかったかもね……街コンとか、行ってみようかな」


 そんな話しをしていると、先ほど入ってきたストーカーの女の子が、バックヤードから戻って来た。

 ネームプレートには、片瀬(かたせ)と書いてあり、ようやくその子の名字が判明した。


「掃除してきますね」


「あ、あぁ……よろしく」


 店長にニコッと笑う片瀬さん。

 こうして見ている分には、普通の子なのだが、クリスマスの片瀬さんを見るかぎり、ストーカー行為をしているのは間違いないようだ。


「コレも何かの縁だし、私話し聞いてきましょうか? 出来れば説得も」


「え! ほ、本当かい!?」


「次郎君がお世話になってるお店だし、次郎君も手伝うわよね?」


 確かに、マスターにはいつも世話になっている。

 力になれるなら、なろう。

 俺は頷き、マスターに「任せて下さい」と言った。

 マスターは涙を流して喜び、今日の代金を無料にしてくれた。

 俺と先輩はとりあえず、片瀬さんのバイトが終わるのを待ち、様子を見る事にした。


「で、その間なんですが、年末と正月の予定を立てましょう」


「やっぱりそうなるのね……」


「当たり前です。何の為に来たと思っているんですか」


「あのまま、うやむやになれば良かったのに……」


「脹れてないで、新幹線の時間とか調べますよ」


「は~い」


 頬を膨らませながら、先輩は不満そうに言う。

 俺は持ってきたタブレットPCで新幹線の時間や料金を調べ、いつ帰るかを先輩と相談する。


「そう言えば、次郎君は大丈夫なの? 帰らなくて」


「俺のところは、もう言ってあるので大丈夫です」


「そうなんだ。来年は次郎君の家に行きたいな」


「……考えておきます」


 俺はふと、先輩から視線を反らしてしまった。

 そんな俺の態度に、先輩は若干違和感を覚えたようで、首を傾げていたが俺が直ぐに話題を反らした。


「先輩の家って、駅からどれくらいですか?」


「二十分くらいかしらね」


「じゃあ、当日はタクシーですね」


「お母さんに時間言えば、迎えをよこすわよ。あの人、過保護だから」


「そうですか、ならそこはお言葉に甘えるとして……こっちにはいつ戻ってきましょうか?」


「当日の午後」


「それはダメです」


「ぶー」


「どれだけ帰りたくないんですか……」


 やる気の無い先輩にそう言いながら、なんとか大まかな予定が決まった。

 丁度時間も、片瀬さんのシフトが終わる時間となり、俺と先輩は近くに来た片瀬さんに声を掛ける。


「あの、すいません」


「はい? なんでしょうか?」


「私たち、貴方に話しがあるんだけど……バイト終わりに少し話せないかしら?」


「え? 少しなら…大丈夫ですけど……何のご用でしょうか?」


 不信感を持つ片瀬さん。

 それもそうだ、急に他人からこんなことを言われれば、誰だって不信に思う。

 

「えっと……ここのマスターに頼まれて……」


「直ぐに着替えて来ます。待ってて下さい」


「あ………はえー……」


 マスターの事を出した瞬間、片瀬さんはすぐさまバックヤードに戻っていった。

 良くも悪くも、マスターの事が絡んでいる話しには敏感なようだ。

 俺と先輩は、片瀬さんが着替えを終えるのを席で待つ。

 その間、カウンターのマスターがなんどもこちらに向かって頭を下げていた。

 

「お待たせしました」


「ごめんね、急に」


「直ぐに終わるから」


 俺と先輩は、制服姿の片瀬さんにそう言い、四人掛けのテーブルに向かい合って座った。

 こうしている感じは普通の女の子だが、クリスマス前日にマスターを物陰から見ていた子で間違い無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます