第15話



「う……気持ち悪い……」


「飲み過ぎです」


 喧嘩をした日の翌日、先輩は二日酔いになり、ベッドで眠っていた。

 顔を真っ青にし、具合悪そうに眠る先輩からは、ミスコンの優勝者の風格を一切感じない。 こんな姿を学校の奴らが見たら、どう思うだろう?

 そんな事を考えながら、俺は先輩の世話をしていた。


「う~……あんまり見ないでよ……」


「今更何を恥ずかしがってるんですか、二日酔いの先輩の介抱なんて、やり慣れました」


「化粧してないもん……」


「だから、今更そんな事言われても……」


「う……気持ち悪い……」


「はぁ……良いから寝て下さい」


 俺はそう言って先輩の側を離れ、水分補給用に買ってきたスポーツドリンクを持ってきて、先輩の枕元に置く。


「次郎君……そう言えば今日はバイトは?」


「あぁ、休みを貰いました。先輩二日酔いの時は、ダメ人間になるんで」


「むぅ……嬉しいけど……後半が腹立つ」


「良いから寝てて下さい、午前中寝てれば、午後にはきっと良くなりますよ」


 俺はそう言って先輩に布団を掛ける。

 前からそうだ、この人が二日酔いや風邪でダウンしたとき、俺は先輩から助けを求められる。

 それはきっと、先輩の本性を知っている数少ない人間の一人だったからだろう。

 弱いところを見せても良いと思っている人間だからこそ、俺に助けを求めてきたのだろう。 最初は頼られた事が嬉しかった。

 だが、次第に俺は思った。

 この人は、いつも自分を綺麗にそして完璧に見せすぎている。

 だから、頼ろうと思っても、頼れる人があまりいないのだ。

 それを知ったとき、俺は思った。

 この人が頼れる人間の一人くらいにはなっておこうと……。


「次郎君……」


「なんですか?」


「気持ち悪い~」


「はいはい、寝れば治りますから」


 俺はそう言って先輩の前髪を撫でる。

 見られたくないと言っていたが、この人はすっぴんでも綺麗なままだ。

 そんな綺麗な顔をこんな間近で見れる男が俺しか居ないと思うと、なんだか嬉しくなる。


「先輩……」


「なにぃ……」


「昨日はすいませんでした」


「………今言う?」


「はい、先輩の二日酔いの責任は俺にも少なからずありますから」


「……許さない」


「どうしたら、許してくれます?」


「……してくれたら」


「良いですよ」


「え?!」


 先輩は驚きのあまり、ベッドから上体を一気に起こした。


「先輩! また吐き気が来ますよ!」


「う……た、たしかに……っていうか……今なんて?」


「だから、良いですって言ったんです。ほら、横になってないと」


「そ、それは……あの……その……そう言う事よね?」


「まぁ……その……俺も男ですし……我慢するのもソロソロ限界なんで……」


 それも正直な理由だが、本当は違う。

 昨日、伊島先輩に言われた事を俺は昨晩考えていた。

 その結果がこの回答だった。


「あ! でも、二日酔い治ってからですよ?」


「……う、うん……」


 先輩は顔を真っ赤にしながら、俺の反対方向を向き、布団を被って眠ってしまった。


「……ストレート過ぎたかな?」


 俺はそんな事を考えながら、先輩が昨日脱ぎ散らかした服を回収し洗濯を始める。

 






「ふっかーつ!!」


「はいはい」


 あの後、先輩は昼過ぎまで眠り回復した。

 今ではいつもの先輩に戻り、シャワーを浴びてさっぱりした様子だ。


「あ、あのさ……」


「はい?」


「ありがと……ね」


「いつもの事なんで、気にしないですよ。冷蔵庫に抹茶プリンもあるので、食べて下さい」


「……うん……あのさ!」


「はい?」


「さ、さっき言った事って……本当?」


 先輩は頬を赤く染めながら、そっぽを向いて俺に尋ねてくる。

 さっきの事とは先輩が寝る前に俺が言った、あの言葉の事であろう。


「……ほ、本当ですけど……な、なにか?」


「べ、べべべつに……まぁ、毎日私の体を見てたら! そう思うのは自然だけど!」


「顔真っ赤にして言われても……」


「う、うるさいわね! 童貞!!」


「う……本当の事だけに、心に来る……」


 俺は先輩の精神攻撃をモロに受け、若干心を痛める。

 先輩はその後、出かけてくると言い、どこかに行ってしまった。

 俺はその間、ゲームをして時間を潰す。

 一時間が過ぎ、ゲームにも開き始めた頃、家のインターホンが鳴った。


「ん? お客さんか」


 先輩は家の合い鍵を持っているので、インターホンを鳴らすハズが無い。


「はーい」


 俺は返事をしながら、玄関に向かい家のドアを開ける。


「どちら様で……って、愛実ちゃん!?」


「先輩! 風邪引いたって本当ですか!?」


 ドアを開けた先に待っていたのは、私服姿の愛実ちゃんだった。

 そういえば、今日バイトを休むのに、風邪引いたって事にしたんだった……。


「あぁ、あの……ちょっと用事があって、風邪って嘘をついて休んだんだ。だから大丈夫だよ」


「あ、そうなんですか…良かったぁ……じゃあ、お邪魔します」


「え!? なんでそうなるの!? 今すっごい自然な流れだったけど!」


「折角だから、買ってきた物食べませんか? お見舞いのつもりで色々買ってきたんです」


「そ、それは嬉しいけど……って、あ! 愛実ちゃんまって!」


「お邪魔しまーす」


 愛実ちゃんはそう言って、部屋の中に半ば強引に入って来た。

 俺はそんな愛実ちゃんを追って、部屋の中に戻っていくが、時既に遅かった。


「………先輩……彼女と同棲とかしてるんですか?」


「核心つくの早くない?!」


 何の前触れもなく、俺が隠していた核心をついてくる愛実ちゃん。

 俺はなぜか背中に嫌な汗をかきながら、愛実ちゃんのニコニコした顔を見ていた。

 ニコニコしているハズなのに、目は全く笑っていない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます