第17話

「で、でも……先輩はそう言う人じゃないし……」


「誰が、あのメス……失礼、あの女が浮気するって言いました?」


「そんな事より、今メスって言ったよね……」


 いつも以上に口の悪い愛実ちゃんに、俺は少し引いていた。

 こんな状態の愛実ちゃんと先輩を合わせても大丈夫だろうか?


「じゃ、じゃあ俺が浮気をするとでも? ざ、残念ながら俺はそんな度胸無いし……相手も…」


「相手なら居るじゃ無いですか?」


「い、いや……居たとしても浮気なんて、先輩を裏切るような真似は……」


「ウフフ……大丈夫ですよ……バレなきゃ良いんです。バ・レ・な・きゃ」


「ひっ!」


 愛実ちゃんは俺を壁際に追いやると、顔を俺の顔に近づけてきた。

 もう少し顔を動かせば、愛実ちゃんの口に触れてしまいそうという距離で、俺は愛実ちゃんから香ってくる良い匂いや、柔らかい感触なんかに、頭がぼーっとしてしまった。

 そんな時、部屋の鍵を開ける音が聞こえてきた。


「ただいまぁー」


 先輩が帰って来たのだ。

 俺は咄嗟に愛実ちゃんの元から離れ、先輩を迎えに玄関に向かう。


「せ、先輩!」


「ん、ただいま……誰か来てるの?」


「あ、いや、その……バイト先の後輩が……」


「え? それって……」


「ご無沙汰してます、先輩の彼女さん」


 そう言って俺の後ろから、愛実ちゃんは先輩の目の前に出て行く。

 先輩はあからさまに嫌そうな顔で愛実ちゃんの顔を見る。

 そんな先輩とは対象的に、愛実ちゃんは終始笑顔だった。


「次郎君、誰? この子供」


「物覚えが悪いんですね、この前お店でお会いしたのに」


「あぁ、ごめんなさい、彼しか目に入って無かったから」


 互いに怒りのこもった言葉をぶつけ合う二人。

 俺はそんな二人の間に挟まれて、一人でアタフタとしていた。

 玄関先で早くもバトルを繰り広げる二人を俺はとりあえず、部屋の中に入れて座らせる。


「えっと……愛実ちゃん、本当に申し訳ないんだけど、この通り今は俺先輩と付き合ってるから……さっきも言ったけど、愛実ちゃんには早く新しい恋に生きて欲しいというか……」


「………わかりました。今は諦めます」


「ちょっと、今はってなによ?」


 愛実ちゃんは「今は」の部分を強調して言う。

 その言葉に、先輩は反応し、強い口調で愛実ちゃんに尋ねる。


「先輩がフリーになったら、また改めて彼女にしてもらいます。多分、一年位だと思いますし」


 笑顔でブラックな事をさらりと言う愛実ちゃん。

 あれ? こんな子だったけ?

 言われた先輩は、当然いい気はしない。


「負け犬の遠吠えとはよく言ったものね」


「本当の事を言っただけです」


「残念だけど、私達結構仲良いのよ?」


 よく言うよ、昨日くだらない事で喧嘩して出てった癖に……。


「へー、でも先輩はどう思ってるかわかりませんよ? 貴方みたいなおばさんより、私みたいな女子高生の方が良いかも」


「残念ね、次郎君は年上好きのド変態だから、貴方なんか眼中に無いわよ」


「先輩、平気で嘘をつかないで下さい。そして俺はド変態ではありません」


「貴方こそ何を言ってるんですか? 先輩は年下好きのド変態です」


「愛実ちゃん、そこ張り合わない、そして俺はド変態ではありません」


「「ごちゃごちゃうるさい!!」」


「えぇ……」


 理不尽に怒られてしまい、俺はそれ以上言葉が出なくなる。

 二人の気迫に負けたと言う事もあるだろう、二人は当事者である俺を放って話しを進め始める。


「今日のところは帰ります………先輩」


「は、はい」


「また、バイトで…」


 愛実ちゃんは意味深な笑みを浮かべ、そう言って俺の部屋を後にした。

 残った俺と先輩の間には、気まずい空気が流れ始める。

 

「え、えっと……もう二日酔いは?」


「大丈夫よ……」


「そ、そうですか……あはは、それは…よかった」


「ねぇ、次郎君……」


「は、はい?」


 俺は玄関の戸を閉め、部屋に戻ると先輩が不安そうに尋ねて来た。


「ず、ずっと……一緒に居てくれる?」


「え……」


「私……わがままだし、自分勝手だし……口ではあの子にあんな事言ったけど……正直不安で……」


「………」


 先輩は暗い表情で、不安そうに俺にそう言う。

 先輩のこんな顔を見たのは、久しぶりだった。

 いつもは強気な先輩が、ここまで弱々しくなるのは相当珍しい。

 そんな先輩に俺は近づき、先輩の方を向いて答える。


「先輩、大丈夫ですよ。先輩が俺に飽きない限り、側に居ますから」


「次郎君……」


 我ながら恥ずかしい事を言っているなと思っていた。

 でも、俺のこの言葉に嘘は無い。

 今現在、先輩が本心を言える相手が俺で、その俺に好意を向けているのであれば、俺は先輩の好意に答える。

 そして、先輩がもし、俺以外に誰かを好きになり、その人に本心も言えるようになったのであれば、俺は先輩から身を引くつもりだ。

 だが、そんな人間が現れないのであれば、俺はこの人が俺に飽きるまで、この人の隣にいるつもりだ。


「今度から……私も家事を手伝うから……」


「ありがとうございます。そう言えば何を買ってきたんですか?」


「コレ」


「……先輩……あの……」


 先輩が俺に見せてきたのは、避妊具だった。

 しかもパッケージには「世界最薄!」と書かれていた。


「今夜!」


「えっと……それは……」


「今夜!!」


 その一言だけだったが、先輩が今夜何を求めているのかがわかった。

 愛実ちゃんの事もあってだろう、先輩は引きそうに無い。

 顔を赤く染めながら、先輩は頬を膨らませて言う。

 そんな先輩の表情に、俺は負けた。


「……明日は昼から大学で授業なんで……その……ほどほどでお願いします」


「……うん」


 その後、何やら気まずい空気の中、俺と先輩は食事を取り、テレビを見て夜が深まるのを待った。

 いつもは食事の後で、必ず二人でゲームをするのだが、今夜はそれが無い。

 そして、夜の九時を過ぎた辺りで先輩は、俺に言った。


「お風呂……先に入って良い?」


「は、はい……どうぞ」


 とうとう来た。

 俺はそう思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます