神様なんて居ないと言っていたら存在を誇示された

作者 Baum

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全35話

更新

  1. プレイヤーとノンプレイヤーキャラ
  2. 人間を辞めさせられた日
  3. 奪われていた帰る場所
  4. 猫のぼうや
  5. アルプスの少女?
  6. お酒は大人になってから
  7. おもてなしと危険なヤギ
  8. 子猫達は夢を見る  ※ハイド視点
  9. 子猫達は飛び起きる
  10. 新しい帰る場所一つめ
  11. 5年ぶりの再会は異世界で
  12. スクラッチ一枚でスクラッチ代を稼いだ
  13. サービスシーンはカット
  14. おばさんは押しが強い物です
  15. 幸運を運ぶ世界
  16. はじめての魔法
  17. 【200PV突破記念】ハイドは本当にオネェなのか【IFシリーズ】
  18. 危険なヤギの群れは星6つ
  19. 腐れ縁と親友は同義語
  20. 初めての武器
  21. それって新人いびり? ※ハイド視点
  22. 寝る前のコーヒーは運命の分かれ道
  23. 生き物の進化
  24. 世界から買い物
  25. 愛される喜びを知る
  26. 初めてのモンスター
  27. 飛び付きウルフ
  28. 人とモンスター
  29. 森の王の庇護 ※ハイド視点
  30. 秘密を明かすという事  ※途中から少しヘレナ視点あり
  31. あたたかい場所
  32. 商人ギルドの人
  33. 毛玉と親子
  34. ブラウニーとレサ
  35. 優しい世界