数学的な彼女の日常

作者 穂実田 凪

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. モノローグ
  2. 【X=1】公理の話
  3. 【Y=1】デートの定義を決めましょう
  4. 【Y=2】すり合わせるべきは公理です
  5. 【Y=3】新しい定理が生まれるのです
  6. 【Y=4】残念ですが帰納は信じません
  7. 【Y=5】演繹とは当たり前の推論です
  8. 【Y=6】ときには直感とも戦うのです
  9. 【Y=7】私たちなら解ける気がします
  10. 【Z=1】そもそも論の多用は禁物です
  11. 【X=2】無限の話
  12. 【Y=1】無限と呼ぶのが適切かどうか
  13. 【Y=2】いつまでもゴールできません
  14. 【Y=3】可能性がそこにあるだけです
  15. 【Y=4】存在するものとして無意識に
  16. 【Y=5】無限の世界で開花するのです
  17. 【Y=6】比べ方は一つではないのです
  18. 【Y=7】濃度を変える唯一の方法です
  19. 【Y=8】どうあがいても矛盾なのです
  20. 【Y=9】実在していないのと同じです
  21. 【Y=10】無限を飛び越えられますから
  22. 【Z=1】判例が出るまではグレーです
  23. 【X=3】関数の話
  24. 【Y=1】函により変化を促されました
  25. 【Y=2】変化には法則があるはずです
  26. 【Y=3】これらはきっと非線形のもの
  27. 【Z=1】最終的に賃金が出力されます
  28. 【X=4】証明の話
  29. 【Y=1】確かなものなんて存在しない
  30. 【Y=2】全ての白の石を盤面に並べる
  31. 【Y=3】白とも黒とも判断ができない
  32. 【Y=4】矛盾を解くなにかを期待して
  33. 【Y=5】君の言うことは証明できない
  34. 【Y=6】こんな証明はいかがでしょう