数学的な彼女の日常

作者 穂実田 凪

数学が好きな人も苦手な人も

  • ★★★ Excellent!!!

世に溢れる数学小説といえば、「素数大富豪」や「グロタンディーク素数」などの(数学好きの)内輪ネタが多く、知らない人からすれば「???」になってしまいがちです。
ところがこれはそういうのを排し、個性的なMさんとの掛け合いと丁寧に噛み砕いた数学の説明で人を惹きつける、ある意味正統派の数学小説でございます。特に抽象物の代表たる数学の諸概念を、ビジネスや図書館など日常的なものに置き換えるMさんの丁寧な説明は文系の人にも敬遠されないくらいわかりやすく、途中で数学を投げ出してしまった人にもおススメです。
「いっそ教科書にしようぜ!」とさえ思ってしまいます。


ただ、現実には数学好きの女性はあまりにも希少なのでほとんど異世界ファンタジーのように感じる面もあり……トホホ(涙目)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

作品紹介の前に妙ちくりんな話をすることを容赦されたい。
「数学的な」人物とはどんな感じか、ちょっとした私見を。
どこの大学でもそうだと思うが、理学部には変人が集まる。
中でも、選りすぐりのぶっ飛んだ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

Mさんの目に見える世界はきっととても豊かなんだろう、と思います。
世界のそのすばらしさを表現するために数学という文法があって、彼女は数学の言葉で世界を表現しながら生きているのでしょう。
でも主人公く… 続きを読む

馬田ふらいさんの他のおすすめレビュー 25