長編)第二次制服戦争(Ver.1) 高校2年生のミフユと高校1年生選挙参謀の加美さん

作者 早藤 祐

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全41話

更新

  1. 第1章 告示日前のあれこれ
  2. 3月24日 終業式:ミフユ「これってなんとかならないのかな」
  3. 4月 7日 始業式1:ミフユ「フルーツパフェ3つお願いします」
  4. 4月 7日 始業式2:ミフユ「どうせやるなら徹底的に。私のモットー」
  5. 5月 8〜9日 前哨戦:日向肇「さて、ルビコン川は渡ったな」
  6. 5月13日 家族:ミアキ「え、報告?、まさか彼氏が出来たの?」
  7. 5月24日 作戦会議:三重陽子「対立候補はいた方がいいよね」
  8. 第2章 告示日
  9. 6月 1日 告示日1:三重陽子「冬ちゃん、緊張している?」
  10. 6月 1日 告示日2:ミフユ「タヌキだなあって」
  11. 6月 1日 告示日3:日暮一矢「誰か2年生で適任者はいませんか」
  12. 第3章 水辺に浮かぶ水鳥たちのダンス
  13. 6月 2日 策謀:松平桜子「小夜子のためなら」
  14. 6月 5日 推薦:日向肇「あいつの加美は神様の『神』の間違いなんだよな」
  15. 6月 6日 面接1:加美洋子「見返りは何ですか♪私が得るものは何ですか♪」
  16. 6月 6日 面接2:加美洋子「でも私は古城先輩に何の義理もないですよね」
  17. 6月 6日 面接3:三重陽子「組み合わせたらどうなるの?」
  18. 6月 7日 作戦参謀始動:加美洋子「先輩達も同じ事をやって下さい」
  19. 第4章 開戦
  20. 6月 8日 早刷り1:ミフユ「加美さん、微妙な言い回ししてるね」
  21. 6月 8日 早刷り2:中央高生徒自治会長選挙公報
  22. 6月 8日 早刷り3:加美洋子「随分と下品でストレートな利益提示ですね」
  23. 6月 9日 政見放送1:古城ミフユ
  24. 6月 9日 政見放送2:吉良小夜子
  25. 6月 9日 余波1:木曽千鶴子「それにしても松平姫と吉良さよなりは真面目」
  26. 6月 9日 余波2:宮本丈治「政見放送、負けてないか?」
  27. 6月 9日 余波3:秋山菜乃佳「学生食堂の『おっちゃん』は困惑してたわ」
  28. 6月 9日 余波4:姫岡秀幸「いいと思うよ。……イテッ」
  29. 6月 9日 余波5:大村敦「ひょっとして告白タイムか?」
  30. 6月10日 決起集会:ミアキ「妹のミアキです。お姉ちゃんがお世話になってます」
  31. 6月10日 模擬演習:日向肇「古城も俺が吉良のつもりでやってくれ」
  32. 6月11日 中央図書館:ミアキ「ここ、翻訳小説のコーナーもあるよね」
  33. 6月12日 1981年度生徒自治会長:安達寛「後輩のよしみで今回だけ見逃す」
  34. 第5章 決戦
  35. 6月13日 討論会1:松平桜子「そういう小夜子なら勝てるよ」
  36. 6月13日 討論会2:吉良小夜子「桜子ちゃん。いいから。ここは私が言う」
  37. 6月14日 接近戦:加美洋子「えっ」
  38. 第6章 投開票日とその後
  39. 6月15日 投開票日1:松平桜子「そんな理由だったの?」
  40. 6月15日 投開票日2:加美洋子「かわいく一目で分かる位置ならいい」
  41. 6月15日 投開票日3:木曽千鶴子「接戦だったよ。みんな、よく頑張ったね」
  42. 6月15日 投開票日4:古城ミフユ 残った謎
  43. 6月16日 1981年の謎の解明
  44. 中央高新聞 6月16日号 中央校論
  45. 11月 4日 文化祭2日目:エピローグ
  46. あとがき
  47. あとがき
  48. After episodes
  49. 短編)秋山菜乃佳のお弁当