第37話 山河の喪失する時

 王の言葉にレツィンは仰天し、頭が真っ白になった。


「な、何を仰って…」

「ははは、この宮中ではお前だけが生きている、そして、私はついに諫言できる臣下を目の前に見つけたぞ、お前を側妃にしてとらせばよいのだ。それにこの腰つきを見れば、私に男子を沢山授けてくれそうだ……男子を授けてくれたら、見ていろ、この辺境の国を強国にして、子孫に継がせてみせる。そしていずれは…」


 いいしな、レツィンの腰回りを撫でまわそうとする。レツィンは総毛立ち、無理やり王の身体を自分から剥がして飛びすさった。


「いい加減お戯れはおやめください。私を玩具になさるおつもりですか。明徳太妃様や慈聖太妃様に知られたら何となさいます?それに王妃様にも申し訳ないこと……また、たとえ側妃になったとして、私が王の寝首をかかぬ保証でも?」

 王はにやりと笑った。

「そなたが?寝首を?そうなればお前は死に、ラゴ族はどうなる?」

 レツィンは一歩も退かず、王に対峙した。


「どうもしません。ラゴの姫が烏翠の王の玩具とされたと聞けば、ラゴ族は完全にあなたの国から自由になる口実を得ます。そして北方諸民族を招集し、神速でこの烏翠に攻め寄せてくるでしょう。私達は自らの誇りのためであれば、たとえ最後の一人となっても戦い続けます」

 そこまで言い切ると、レツィンはふっと表情を和らげた。

「でも、そのようなことは起きて欲しくありません。ですから…」

「そのような、哀れみの眼で私を見るな!」

 吠える王に対しても、女官は動じなかった。

「哀れみではありません。同情でもありません。ただ、私には王様のお築きになりたい国の姿が見えぬだけ、私が哀しいとすればそのことです」

「……」

 国君はぎらぎらした眼で少女を睨みつけたが、返答はしない。

 さらに、どう転ぶかわからなかったが、レツィンは王から逃れるための切り札を出した。

「それにお子についてなれば王妃様も後宮の皆さまもまだお若く、それに王に男子がおわさぬとも、すでに弟君がおいでではありませぬか」


 そのとたん、王は激高した。

「王妃だと?あの死人のような女が?おとうとだと?あの邪眼の持ち主が?……勝手なことをいうな!あいつは……弟は臣下どもを手なづけて、いずれ王位を簒奪しようとする算段だ」

「手なづけるも何も、弟君はまだ成人も済まさぬほどの御年齢ではありませんか…」

 レツィンの諭しも耳に入らぬ様子で、怒り狂った王はついに祭壇の燭台をレツィンに投げつけたが、彼女はすんでのところでかわし、ことさら優雅に一礼すると、何ごとかをまだ喚いている王を一人残し、後も振り返らず懐恩閣を退出した。入口に詰めていた王の護衛達も、明徳太妃づきの女官にはうかつに手をだせぬのと、レツィンの気迫にも押され、半ば呆然と見送るだけだった。


 その後も、明徳殿に帰ったレツィンに王からの咎めはもたらされなかった。やはり、彼女への狼藉に対する自覚があるのか、祖母君にことを知られるのが怖いらしい。


 ――なんとまあ、お弱い方でいらっしゃる。でもなんともお気の毒な方。


 随分といやらしいことも仰っていたが、王が本当に渇望しているのは、強国たる烏翠でもそれを導く手足のごとき臣僚でもなく、嗣子でさえもなく、もっと素朴で、単純で、暖かなものだったのではないか。何となくそんな気がして、レツィンは心が痛んだ。彼女自身は既に、いままでの経験や出会った人々からそれを得、分かち合ってきている。とはいえ、あの王とでは分かち合うことはできそうもない。

 また、思い返してみると、王は不穏なことも口にされていた。


「我が国を強国にして、いずれは……」


 その後の言葉は?まさか天朝に弓引き、放伐ほうばつ革命かくめいでも起こそうとでも?


 レツィンはそれを一笑に付そうとしたが、上手く行かなかった。大それた妄想であっても、あの王なら実現しようとしかねない。

 それにしても、国君はまだお若くて頑健そうだ。何事もなければこの先何十年も生きるだろう。その間、暴政がとどまるところを知らなければ、この烏翠の山河さんがは喪失してしまうかもしれない。そうなれば、人々はどうなるのだろうか。弦朗君は、トルグは、承徳は、何より敏は――。


 そしておそらく、王が弟君をことさら憎み、虐待さえ行うのは、瞳の色すなわち「邪眼」が本当の原因ではなく、聡明な弟がいずれ兄の王位を脅かすことを恐れているからだ――そうレツィンは直感した。

 そして、今は嵐が吹きすぎるのをじっと待っている人達がいて、あの紫瞳の公子に次代の期待をかけていることも。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます