第25話 白藤山での約束

 丘の近くの白藤山はくとうさんは、山とは名ばかりのなだらかな稜線を持ち、女性や子ども連れでも登れるため、踏青の名所ともなっている。


 そこかしこに座り、食事を楽しむ人々を避けて、レツィン達はもう少し高いところまで登り、遠くに瑞慶府がかすんで見える開けた場所で蓆を広げ、昼食の籠の蓋を開ける。

「ふうん…」

「わ…」

 敏は目を見張り、承徳は喉をごくりと鳴らした。

 野菜の酢の物、笹でくるんだ粽、鯉の甘露煮、塩漬けの卵、ラゴ族の得意料理である鹿肉の焼き物、そして水菓子。

「どう?」

 レツィンは得意満面である。

 手づかみで卵を取ろうとする承徳の手を箸で押しのけ、敏は鹿肉をつまんだ。

「…いける」

「でしょう?」

 レツィンはにっこり笑うと、

「特にこれに合うのよ」

 と、籠の底から小さな瓶と、三つの盃を取り出した。

「へえ…」

「おお…」

 男二人の眼が輝く。

「主君が、これくらいの量ならいいだろうって。それでね、『承徳もこの量では乱暴狼藉も働けるまい、野山には青黛楼せいたいろうもないことだし』とも」

「もう、よしてくださいよ…」

 承徳が、その場に不在の主君に向かって返事をしたので、残る二人は声を上げて笑った。そして、三人は盃を手に立ち上がった。


「では、一つの盃は我らが主君に、一つは敏のお母さまに、そしていま一つは光山府の……いや、瑞慶府のはみ出し者たちに!」


 酒が入れば、会話も箸の動きも一層滑らかになる。

「うん、どれもこれも美味しい。ラゴの味は珍しいし、烏翠うすいの味も懐かしい。レツィンはこんないい腕を持っているのに、入宮したら役立たずだな。もったいない」

「私が王宮で料理を作ることはないの?」

 レツィンの問いに、男性陣は頷いた。

「それは別の人間がやるからな、レツィンが携わることはないはずだよ」

「光山府はざるのように抜けているから、厨房師以外にもトルグ達が料理を作ることもあるし、毒味も形式的だけれども、王宮ではそうはいかないしね」

「そうなんだ…」

 レツィンは少しがっかりした。乗馬、剣術、そして料理……。王宮に行けば、光山府で習ったことも役に立ちそうだが、ラゴ族としての特技はお呼びではないらしい。


 ――ラゴの心を忘れぬよう。


 あの謁見の日、太妃様はそうおっしゃった。でもラゴの心って何だろう?また、そういうものが私にあるとして、入宮しても私はそれを失わずに済むのだろうか――。

 暗くなったレツィンを見た承徳は、ことさらに明るい声を出した。

「ああ、落ち込むのは俺も同じだ。敏は出仕こそ遅れてしまったけれども、母上の墓前で立派に物が言える。レツィンはしっかり者で、王宮でもきっとうまくやっていけそうだ。それに引きかえ俺は――」

「おや、承徳らしくもない殊勝な言い草だな」

「失礼な、俺だってそういうときくらいあるの。わかる?」

「まあ、百歩譲ってお前にもそういう時があるとしても、悲しいかな、鳥頭とりあたまだから三歩行かぬうちに、その心がけも決心も忘れてしまうんだな、きっと」

「この…」

 どうやら酔いが回ったらしく、承徳が箸を放り出し、敏に飛び掛かりかねない勢いで迫っていくのを、レツィンが籠の蓋で防いで事なきを得た。

「情けないわね、二人とも。踏青のときくらい、のどやかに野遊びさせてよ…」


 承徳はのろのろと座り直し、ほうっと大きな息をついた。敏もいつになく友人をからかい過ぎたと気づき、黙り込んだ。

 何となく、三人とも疲れが押し寄せてきた気がして、そのまましばらくそうしていた。遠くで告天子が鳴いている。やがて承徳はばったりとあおむけに倒れ、春のもやにかすんだ青空を見上げた。


「レツィンの言う通りだ、本当に情けない奴だな、俺は。燕児えんじ――燕君えんくんは自分の運命を引き受けた。でも俺は……俺はどうなんだろう?」


 そこで敏もレツィンも倒れ込み、三人は並んで天空を仰いだ。

 そのままどれだけぼんやりと空を見上げていただろうか、レツィンはふと思いついて、寝たまま胸元から銀の鎖を引き出した。鎖には、小さな銀の笛がついている。彼女はそれを口に咥えて鳴らした。高く低く、笛の音が風に乗り響いていく。


「…聞きなれないが、綺麗な音色だな。――少し寂しげでもある」

 敏がつぶやいた。

「ラゴ族のものかい?」承徳がこちらに顔を向ける。

「いいえ。ラゴだけではなく、私たち北方の諸部族はみな、旅する時、この笛を持ち歩くのよ。これで遠くの人と会話をして、情報を伝えあったり、何かの時に助けを求めたりする――」

「ふうん…」

 レツィンはもう一度高く笛を吹きならしてから、大事そうにそれをしまった。

「ここにも山はあるが、…やっぱりラゴの山がいいか?」

「そうねえ……ラゴでも烏翠でも、どこでも山は好きよ。ラゴでは毎日高い山、低い山をすぐ近くに見て暮らしていたから。でもね……二人とも聞いてくれる?」

「何?」

 レツィンは半身を起こして二人を見下ろした。


「本当はね、一度『海』というものを見てみたかったの。あなたたちは見たことある?」

「いや…」

「俺もないね」

「湖は見たことあるけど、海はないの。天空よりも青く、世界中の青を集めたようで、とても広いんですってね。ほら、私は入宮したら最後、出宮してラゴに帰れるかわからない。多分、一生を瑞慶宮で過ごすことになると思う」

「レツィン…」


「だから、あなた方に頼みがあるの。どちらかでも、あるいは二人とも、王が天朝に行かれるときの随従になったら、海のある場所を通るでしょう?だから、その眼で海を見て、どんなだったか私に教えて欲しい。会って語るのが無理なら、手紙でもいい。だから…」


 二人も起き直って、頷いた。

「約束する」

「じゃあ、約束」

そして、それぞれの右手を重ね、三人であたたかな額を寄せた――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます