魔王(イケメン)よ、あたしをお嫁さんにしなさい!【出会い編】

作者 風嵐むげん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全53話

更新

  1. 【序章】
  2. ああ、魔王! あなたはどうして魔王なの!?
  3. 第一話 魔界では魔王と書いてイケメンと読むんですか?
  4. 第二話 イケメンの顔面は簡単には崩れない
  5. 第三話 魔王「手加減はした。頑張った」
  6. 【一章】
  7. あれ、そういえば魔王の名前って聞いてなくない?
  8. 第一話 白衣の天使は良い匂いがする
  9. 第二話 勇者「無駄に丈夫なこの身体が憎い……!」
  10. 第三話 どうせなら勝手に掃除もしてくれれば良いのに
  11. 第四話 身近に一人は居るよね、物事のタイミングが合わないヤツって
  12. 第五話 魔界の食文化はデンジャラス
  13. 第六話 ベッドの下には気をつけろ!
  14. 第七話 魔王「私の名前は……」
  15. 第八話 魔王はカウンター攻撃を繰り出した。勇者のハートに会心の一撃!
  16. 第九話 魔王の日記「解せぬ」
  17. 【二章】
  18. 幽霊? そんなことより魔王はセクシーなの、キュートなのどっちが好きなの!?
  19. 第一話 世にも奇妙ななんとやら
  20. 第二話 魔界の気候は太陽の気紛れで決まるらしいよ
  21. 第三話 は・ひ・ふ・へ・ほ!
  22. 第四話 何で昔の絆創膏ってバッテンに貼ってたの?
  23. 第五話 鎧の下には夢とロマンが隠れている、かもしれない
  24. 第六話 わーはははー!凄いぞー!勇者は強いぞー!
  25. 第七話 みんなで考えよう、幸せ家族計画
  26. 第八話 魔王?「俺様が知ってる夜這いと違う」
  27. 第九話 魔王達が嘆いていた、丁度その頃
  28. 【三章】
  29. 勇者にだって弱点があるんだもん!
  30. 第一話 色んな意味での、事後の朝
  31. 第二話 エリート将軍は夢見がち
  32. 第三話 本日のお天気は曇り時々雨、雪、霰、雹、雷なりー!
  33. 第四話 医者「ただの良い話だと思ったのに」
  34. 第五話 本日、サボり魔は受け付けておりません
  35. 第六話 将軍殿は片思い中のようです
  36. 第七話 歴史は繰り返す、ってやつですねわかります
  37. 第八話 ※このヌメヌメは人体に無害な成分で出来ています
  38. 第九話 【理想】ヌメヌメ+にょろにょろ+凛々しい女子=「くっ、殺せ!」
  39. 第十話 【現実】ヌメヌメ+にょろにょろ+凛々しい女子=「塵も残さず燃やします」
  40. 第十一話 勇者は死なない、何度でも蘇るさ!
  41. 第十二話 え、良いんですか!? 一か月ぶりの更新でこんなご褒美……良いんですか!? 駄目ですか、そうですか。
  42. 【四章】
  43. これは、もしかして女子がヒイヒイ言っちゃう恋愛イベントってやつですか!?
  44. 第一話 緊急事態発生、してるんだけど……?
  45. 第二話 仕切り直しで、緊急事態発生!!
  46. 第三話 彼が居れば百人力! 居れば、な!!
  47. 第四話 ガウガウガウ!
  48. 第五話 魔族「人間こわい」
  49. 第六話 ドラゴンは後で美味しく頂く予定です。食事的な意味で。
  50. 第七話 ヒーローは遅れて来るって言うけど、実際本当に遅れて来やがったら軽く殺意が湧く
  51. 第八話 幸せな時間は終わってしまったのかもしれない
  52. 【五章】
  53. え、突然のシリアス? 大丈夫?
  54. 第一話 絶体絶命に見えても、必ずどこかに突破口があるものだ
  55. 第二話 真実は時に残酷だ
  56. 第三話 勇者「魔族いじわる!」
  57. 第四話 いざ、人間界へ!
  58. 第五話 新種のイモが、声をかけたそうにこちらを見ている!
  59. 第六話 まあ、ここまで色々あったけれども
  60. 第七話 結局のところ、言いたいことは一つだけ
  61. 第八話 好きなものは、何があっても絶対に譲らない!!
  62. 第九話 自分の宿敵がこんなので、本当に良かった
  63. 【終章】
  64. 魔王よ、あたしを……
  65. 第一話 ついにここまできたか、勇者よ
  66. 第二話 さあ勇者よ、魔王を押し倒すのだ!
  67. あとがき
  68. あとがきくらいは真面目にやろうとしたけれども、やめた!