何処より生まれ出る

作者 梅戸藤花

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全45話

更新

  1. prologue
  2. 鉈と唐揚げと出会い
  3. 虹に会いに行く
  4. 雨という白い犬
  5. 不穏と因縁の伝承
  6. 電(いなずま)という男
  7. 会食、または茶会・前編
  8. 会食、または茶会・後編
  9. 彼方の声
  10. 登場人物整理
  11. 登場人物整理
  12. ここから本編に戻ります
  13. 滑落の果て
  14. 這いよる声
  15. 檻を抜け出して
  16. 良い話と悪い話
  17. 菰方邸にて
  18. 虚ろなる邂逅
  19. 血は煙り、目覚めを待つ
  20. 肉の焼ける臭いとともに
  21. 同床同夢
  22. 土地の記憶、気脈の作用
  23. ヒトのかたち、イノチのかたち、
  24. 菰方の血筋
  25. 鉄の重さ命の軽さ
  26. 招かれざる客
  27. 電という異形
  28. 籠目の楔
  29. 再会
  30. 雨に包まれた街で
  31. 山頂のお宮、始まりの場所
  32. 小石はもう止まらない
  33. 母の慟哭、子の疼痛
  34. 小石の行く先
  35. 独白、あるいは反撃
  36. 洞窟の中、深淵の内(なか)
  37. semi-epilogue starting over
  38. starting over
  39. 降り続く雨がもたらすもの
  40. 霧中の物怪
  41. 眼前の決壊
  42. 永訣へと
  43. それから、揺籃の中で起こったこと
  44. epilogue
  45. epilogue
  46. lost time tailes
  47. 何処より生まれ何処よりか去る
  48. 世界の果てのその先で
  49. 件の言葉、斯くの如く成就候