それから、揺籃の中で起こったこと

なぁに?それ?あたかかいね、やわらかいね。いいなあ

 地面に溶けた記憶の塊は、地の底の暗闇をまとわりついてくる暗黒のより濃く声の大きい方へ這っていった。この暗闇で姿なき声が欲するものを一つだけ抱えて、一番深く、一番古い暗がりを目指していた。

誰かを支えるための腕も、共に歩む足も持たぬ姿であろうとも、一つだけあれば充分だった。

おかあさん、かえりたいよう、あいたいよう、おかあさん、おかあさん

そこには、一番最初にここへやってきて、幾多の同じ思いをかき集め、何千何万回と求め続けたものがうずくまっていた。それは周りの闇よりも少しだけ明るい色をした三つの瘤をもつ元は多分人間だったモノ。

「約束通り、持ってきました。見守っていてくれてありがとうございます」

ここに来てからずっと抱えていたものをそっと置くと、瘤は僅かに震えはらはらと闇に溶け消えた。それに揺り動かされるように周りの闇たちも一様に震えはじめる。

 あったかい、やさしいね、きもちいいね、こわくないね、さむくないね。

ああ、やっと会えるね。また戻れるね。うれしい、うれしい

 ぶよぶよとしてつめたく悲しい寂しい気持ちで満たされていた闇がほろほろ、はらはらと溶けていく。いつの間にかあんなにも深く広大で恐ろしかった闇の中身はすっかりがらんどうになっていた。

「役割はもう終わってしまった。ここにはもう何も残っていない。ご覧の通り綺麗さっぱりと。さあ、お前も一切が無くなって仕舞うのだろう?」

 ここまで抱えてきたものを全てそれをほしがるものたちに与えてしまい、自分の中身がすっかり抜け落ちてしまったかつての白い子供は、是と応えてそれっきりでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます