触れた指先、とまった心

作者 六つ花えいこ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全42話

更新

  1. 第1話 「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」
  2. 第2話 「部活後に行け。帰りは送らせろ」「がんばる」
  3. 第3話 「どうしたらいいの?」「ボディタッチ。これが正義」
  4. 第4話 「スカーフどうしたの?」「後で届く……予定」
  5. 第5話 「ついでに昼ぐらい誘いなさいよ」「ひえっ」
  6. 第6話 「朝から珍しいね」「いるかもしれないから」
  7. 第7話 「学食とか珍しいね」「いるかもしれないから」
  8. 第8話 「作ったことないよ」「いいから、可愛い笑顔で押しつけて来い!」
  9. 第9話 「肉。とにかく肉。他のは飾り」「わかった」
  10. 第10話 (わぁい。抱きしめられた)
  11. 第11話 「とにかく肉」「とにかくお肉」
  12. 第12話 「次は寄らせろ。外堀埋めるから」「うん」
  13. 第13話 (大丈夫。がんばれる)
  14. 第14話 「わんこ、喜んでたね」「うん」
  15. 第15話 「あれ? タオルは?」「忘れちゃった」
  16. 第16話 「これがナラ君の使ったタオルです」「嗅ぐなよ。いいか、嗅ぐなよ」
  17. 第17話 (つきまとってるのなんて、私なのに)
  18. 第18話 「マーキングしてこい」「はい」
  19. 第19話 (いけ。誘え。送信ボタンを押せ)
  20. 第20話 (ひええ……手ぇえ……)
  21. 第21話 (颯太の素の顔、ちょっと幼い)
  22. 第22話 [ 緊急速報:颯太がデレた ] 
  23. 第23話 (ばれた)
  24. 第24話 (真剣に選んでくれるの、すごく嬉しい)
  25. 第25話 (焼いて煮て食ったろか)
  26. 第26話 (私に弁明しなきゃいけない義務、全くないのわかってる?)
  27. 第27話 (まだそんなに遅くは無いけど、)
  28. 第28話 (颯太が私の部屋にいる)
  29. 第29話 (ふーーーーーーーん)
  30. 第30話 「まじであれは逃すなよ」「だから今頑張って捕まえてる」
  31. 第31話 「私に妬いてどうすんの」「お姉でも駄目」
  32. 第32話 (にぶちん。私がどれだけ牽制してると思ってるんだ)
  33. 第33話 「図らずも挨拶できたじゃん」「やったね」
  34. 第34話 (失敗した。バレーには、もっと気を遣うべきだった)
  35. 第35話 (颯太、耳すぐ見るようになった)
  36. 第36話 (わぁ私とタイプ正反対……颯太の好み、やっぱこっちかぁ)
  37. 第37話 (好きで好きで、時々痛い)
  38. 第38話 (そ、颯太が怒った……)
  39. 第39話 (辻浦の大嘘つき野郎。もげろ)
  40. 第40話 「嫌われてない!ばーか!ばーか!からあげサン買って!」「いいよ。十本買おう」
  41. 第41話 (ずっとずっと、言いたかった)
  42. 番外編 幼馴染みの君が言うには?