彼岸の華を弾響に穿つ

作者 蔵沢・リビングデッド・秋

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全47話

更新

  1. 目次/タイトルリスト
  2. 序幕:初陣
  3. 1章 始まり終わる物語
  4. 1 月宮一鉄/初陣
  5. 2 場の女神/ほんの一時もなく
  6. 3 泡沫の朧月夜/引き裂く狂刃
  7. 4 躯を負って/道標
  8. 2章 生きる糧を得る為に
  9. 1 ??/舞台の上のオニの部隊
  10. 2 残存物資奪還作戦/前編
  11. 3 残存物資奪還作戦/後編
  12. 4 ひと時の休息/寂寥に暮れの音
  13. 3章 響き渡る亀裂
  14. 1 最高士官会議/愚者
  15. 2 明日無き独房/亡念
  16. 3 遅すぎた反逆/亀裂
  17. 4 最期に響く声/形見
  18. 4章 破滅の夜
  19. 1 崩壊の最中/舞い踊る紅羽織
  20. 2 崩壊の狭間/冷血で熱血の武人
  21. 3 儚き希望/果てなき地獄
  22. 4 怨嗟に縋り/彼岸の果てに華を見て
  23. 弐幕:再縁
  24. 1章 微睡みの先、知らざるを知る
  25. 1 片想いの再会/色惚けの臆病者
  26. 2 泡沫の朧月夜/引き裂く弾響
  27. 3 ほんのひと時にせず/説明を要求する
  28. 4 二人迷って/似て非なる舞台
  29. 2章  旗色に影、無垢に興味、臆病者に知恵と度胸
  30. 1 枷に淀む旗頭/信頼の対価
  31. 2 作戦会議/縋る手を求め
  32. 3 残存物資奪還作戦/理性的に度胸勝負
  33. 4 ひと時の休息/緩むほど迫る不安
  34. 3章  知り得ぬ綻び
  35. 1 捜索/墓標にお守りを
  36. 2 拭い得ぬ狂気/飼いならす恐怖
  37. 3 帝国軍残党/望まぬモノを身に帯びて
  38. 4 繕えるモノ、繕えぬモノ/凶弾
  39. 4章 破滅の夜
  40. 1 愚者の蛮行/獅子身中の……
  41. 2 想うも遠く/抗わばこそ喝采の武人
  42. 3 されど/淀みなく寄る知性
  43. 4 最期の一太刀/凛と鈴の音のように
  44. 終幕:夢幻
  45. 2章 終わりなき終わり
  46. 4 ひと時の休息/ひと時の休息/ひと時の休息/ひと時の
  47. 4 無限の迷宮/背伸びした女神
  48. 4 ひと時の休息/これもまた夢に過ぎずとも
  49. 4 迷わざる宮/漢、月宮一鉄
  50. 3章 終局を得るが為
  51. 1 勝利条件/地図を手に、迷いなく
  52. 2 灯、見えども遠く/淀みない愚者
  53. 3 熟練兵、月宮一鉄/仕組まれた蜘蛛の糸
  54. 4 願掛け/黄昏色の分岐点
  55. 4章 破滅の夜
  56. 1 紅色の旗/狼煙
  57. 2 喰み砕く濁竜/一人、終局を見据え
  58. 3 “羅漢”/人事を尽くし天命に抗う
  59. 4 閉ざされた円環/彼岸の華を弾響に穿つ
  60. 終章 破滅の先へ/機械仕掛けの理不尽な道化
  61. エピローグ
  62. 終わり、始まる物語