瞳鬼の視線

 見ていた――。


 彼女のことを、両親はひとみと呼んだ。修業を終えて下忍と認められてからは、瞳鬼どうきの名を与えられている。

 伊賀忍者は、独特の修業によって体術を磨く。

 成長する足を飛び続ける、半紙や傘を身において一理以上走り続けるなど、過酷なものが多かった。

 そしてまた、伊賀の里は国人衆の惣国一揆によって合議の慣わしがあるが、これは上意下達の絶対的な序列をも意味した。

 服部はっとり百地ももち藤林ふじばやしの上忍三家が絶対的な権限を持ち、それに中忍、さらに下忍が従う。

 戦国の昔、伊賀者は主君を持たず、雇い主のために働いた。その信用を得るためには、同じ伊賀者でも金のために殺し合った。

 金を払えば親をも殺す非情そこが信用に変わる、それが忍の世界であった。

 忠義への奉公という道徳よりも、徹底した実利と実績を範とする。

 ゆえに、共同体の掟への絶対の服従が求められた。

 裏切りを許さぬ抜忍成敗も、伊賀者の掟のひとつである。

 そして下忍の娘である瞳鬼には、“見る”という忍務が課されている。

 仲間が殺されようとなぶりものにされようと、見続けて報告するのが瞳鬼の役目である。


 名が示すとおり、彼女は瞳の鬼だ。

 生まれたときに秘術を施されて左目が肥大しており、右目の倍ほどはある。

 なまじ娘らしく愛らしい顔をしているからこそ、その異様さは際立った。

 “化け物娘”、“目玉のお化け”と嘲られ、気味悪がって避けられる。子供というものは残酷である。その言葉がどれだけ彼女を傷つけたかは誰も知らぬだろう。親を恨みもした。

 しかし、逆らうことも許されぬ下忍の家が生き残るには、秘術によって見る力を持つしかなかった。

 おかげで、一町(約一〇九メートル)離れた先から、針の数を数えられる。

 だから、何も見逃さない。

 体術も忍術も未熟な瞳鬼であったが、この左目の力で忍務を果たすようになると誇りへと変わった。いや、変えたのだ。

 そうでなければ草として使い捨てられるか、くのいちの術を仕込まれる。

 これもまた、忍びの世界でよくある不幸なのだ。

 醜い娘と不気味がられようとも、役目を果たすこそがすべて。嫉み妬みと跳ね返してきた。

 仲間たちが糸巻随軒なる怪忍者に殺されようと、その一部始終を見て上役である土井大炊頭様に伝える――。

 それが瞳鬼の使命であった。


 そして、左目は見たのだ。見てしまったのだ、あの美麗剣客の姿を。


 瞳鬼の新たなる使命は、お世継ぎ殺し村正によって裏柳生の刺客を退けた夢見客人の監視。

 以来、ずっと見ている。


 ――なんと美しい男であろう。


 見るたびに、心が奪われてしまいそうになる。

 黒い絹糸のような髪、憂えた瞳、奇跡のような輪郭。

 すべてが瞳鬼の視線を捉えて離さない。

 ぼうっと、体の奥にある芯が揺らぐよう。

 これは役目を果たすため、不埒な思いであるはずがない。

 どんなに言い聞かせても、どんどん心が惹かれていってしまう。

 なのに、これからも見続けならねばならない。

 悔しい、憎い。

 おのれの芯を揺らめかす、あの美しさが。

 自身の醜さを思い知らす、あの横顔が。

 瞳鬼が、とうの昔に捨て去った胸の痛みが甦る。

 親しげに話す、本来ならば同じであるはずの女たち。

 嫉妬と羨望で、心が焦げそうになるほどに苦しい。

 客人も、こちらの視線を気配として気づいたふうであった。

 だが、夢見客人が自分の姿を見たらば、あの美貌も顔を背けるはず。

 そのときが来るのを、瞳鬼はひどく怯え、何故か待ち望むのだった――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます