虹色ダーティ・コンフィデンス(NDCまたは物語部員の掟とその細則)

作者 るきのまき

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全33話

更新

  1. 1・出会い
  2. 1話 新学期早々遅刻かよ!
  3. 2話 ご通行中の愚民のみなさん!
  4. 3話 僕が図書委員でなければ、いったい誰がこんなところに来るだろう
  5. 4話 ○○医学、とか○○教育だと他の人の守備範囲になるのはどうしてよ
  6. 5話 ああもう、これは今ごろ行っても手遅れだなあ
  7. 6話 姫がやるスポーツじゃないわ、テニス(783.5)なんて!
  8. 7話 かつて僕(ボク)は兎を撃ち、次に鹿を撃った。そして今日はキミを撃つ
  9. 8話 ……わたし、図書館にしか行ってない
  10. 2・会話
  11. 9話 どこかのアニメのアイドル女子高校生が歌ってそうな歌
  12. 10話 うわあああん、生きてたんなら連絡くれよぉ
  13. 11話 これは昨日買って、今日おまえに渡すためだけに買った帽子
  14. 12話 やっ、やめろよミレイ、こんなところで
  15. 13話 これは誰の犯罪の証拠物件ですか、ムツキ?
  16. 14話 ………うっ………うっめぇぇぇぇぇ!
  17. 3・影
  18. 15話 ミナトは母親から美貌と知性を、父親から情熱と財力を受け継いた超人類だった
  19. 16話 うーん、これは回収する方法と、放擲するボールの数の問題かな
  20. 16話 ときおり吹く風は涼しさを俺たちに感じさせるな
  21. 17話 図書室に来れば、イツカの手作りクッキーが食べ放題だぞ!
  22. 18話 生徒は原則として、校内では学校指定の上履きを使用することとする
  23. 3-6話 きっちりした格好は、公僕としての義務のようなもので
  24. 3-7話 今日の当番はミヤマさんか
  25. 3-8話 その、ガタッ、っていうの、もうみんなやってるから
  26. 4・トオコ
  27. 4-1話 森でハハジカとはぐれたのか、何やらシカの鳴き声がする
  28. 4-2話 こんなかわいいコジカをいじめるなんて、このアルテミスが許さないわ
  29. 4-3話 姉を誰が殺したのか知るために来た。
  30. 4-4話 や、やあ、みんな、お久しぶり
  31. 4-5話 あなたは路上でバナナを持った暴漢に襲われている一般人を見かけました
  32. 4-6話 あなたはとてもうまくAIのフリをしているヒトです
  33. 5・友だちと仲間
  34. 29話 そう言えばミナトは素数が苦手なんだったね
  35. 30話 お姉ちゃんがネットで連載してる『女子高生で学ぶ英単語・英熟語』にも出てきたよ
  36. 31話 でもそれ、ケストナーの『ふたりのロッテ』のパクリだと思うよ
  37. 32話 あたしの可愛らしさを「可愛い」って言葉を使わないで、読者のみなさんに伝えてみて!
  38. 33話 ねぇそこの緑っぽい人!