ボクは眠る


          10


自室の電気をつけると、十三台のパソコンモニターに迎えられた。

本来ならば実験や研究をしている時間なのだが、今日は早めに寝ることにする。

浴衣をほどき、風呂に入る。

明日には脱ぎ捨てているであろうパジャマを着る。

通学用の鞄を開けて、新学期の時間割をきっちり確認。

クローゼットから制服を取り出し、椅子の背もたれに掛ける。それから靴下、ワイシャツ、スカーフタイをきちんとたたんで傍に置く。

これで明日の準備は万端。

うんうん、と自己満足に浸っているうちに欠伸が零れた。

ベッドにもぐりこみ、首元までブランケットを引き上げる。

目を閉じる。


波音。

空気の揺らぎ。

月光の仄明るさ。


頭の中から感情が溶けだし、夜の粒子と混ざり合う。

ボクの身体を甘い眠気が包み込む。

呼吸がだんだん、深くなる。

とりとめのない考え事の、隙間、隙間が抜け落ちて。

こくり、こくり、夢の舟が進みだす。

ボクは眠る。


……。

……。

……。


明日は今日より、もっと素敵な日になるといい。


<第四章 青春ノスタルジック 完>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます