神様、不公平だよ


 太陽。空。雲。

 砂のにおい。誰かのかけ声。熱い身体と喉を通る冷たい風。

 揺れる背中。遠ざかる背中。日差しを受けて輝く背中。ゴールする高瀬川の、白い背中。

 ひゅっと冷たい風が吹いて、地面の上を走っているのに、高い崖から突き落とされた気分になる。


 叫べるものなら叫びたい。

 知っている人がいるなら教えてくれ。


 どうして、高瀬川に勝てない?


 マネージャーから悲しげな励ましを受け取るのが嫌で、オレは水を飲みに行くことでその場を逃れた。背後では「新記録」とか「自己ベスト」とか、胸のざわつくキーワードが飛び交っている。騒ぎ立てるみんなの中で、高瀬川だけが変わらずにこにこと笑っているのだろう。ひとたび走れば景色が変わる、あいつは穏やかな嵐みたいだ。


 立ち止まって、空を見上げる。


 青い。


 こんなに青い空は見たことがない。


 負けると景色がきれいに見えるのは、自分を惨めに思うからか。

 それとも涙の代わりに、乾いた心に染みるからか。

 間の悪いことに水飲み場には例の三人組がいた。面倒くさいと思う前に、こいつらどうしていつも三人でいるんだ? と疑問に思う。

 オレとセツナとネムルはクラスも同じだし、「砦組」とひとまとめにされることが多いけれど、しょっちゅう顔を合わせているわけじゃない。自分たちの生活があるし、高校に進学してそれぞれの進む道もばらけた。それでも互いを大切に思っている。傷つけたくないと思っている。困っているときは力になりたいと思っている。

 ところがこいつらは、一緒にいるにもかかわらず意気投合しているわけじゃなさそうだ。絶えず張り詰めた空気を感じる。互いが互いを見張っているような。


 ……謎だ。


「よお、ナギじゃないか。僕たち、ちょうど君の話をしていたところなんだぜ」

「……ああ」

 物珍しさが勝って反応が遅れた。三人はオレが競争に負けて落ち込んでいると思ったらしい。

 どこか同情的に彼らは言った。

「ナギ、元気出せよ。高瀬川くんと僕たちじゃ格が違うんだよ。いい加減に認めたらどうだ?」

「頑張っても骨折り損だよ。相手は街でいちばん偉い市長さんの一人息子。対して俺たちは何の変哲もない一般家庭の子供たち。遺伝子レベルで勝敗は決まっているんだよ」

「そもそも、走ること自体が体力の無駄遣いだよね。自動車もバイクも走る現代に足が速くて何の得があるのさ? 汗くさいし、クールじゃないぜ」


 そうだそうだと言い合う三人を見ていたら、数学の問題を解くよりあっさりと、こいつらがつるむ謎が解けた。

「前を向くのが面倒で、真剣勝負が怖くて、取り残されるのが不安で、だからお前らは一緒にいるんだ」

 三人は怪訝そうにオレを見る。

「……どういうことだ?」

「それはこっちのセリフだよ。傷を舐め合って楽しいか? 誰かを見下して幸せか? オレにはよく分からない価値観だな」

「な、なんだとっ?」

 茶化すでもなく、嫌味や皮肉で返事をするのでもない。その声には本物の怒りが込められていた。

 やっぱり、図星か。自覚があるなら何とかしろよと思うが、心の中で苦しみながら、見せかけの平穏に巻かれたいやつらもいるんだろう。


 オレには関係ない。それなら、余計な口出しをするんじゃなかった。


 三人はいきりたった様子でオレを睨みつけている。一波乱起きそうな雰囲気だ。困った。多勢に無勢なのも困るが、それ以上に部活中に面倒を起こしたくない。

 ただの喧嘩が「暴力事件」に発展したら、今後の大会に出場できなくなる可能性がある。最悪の場合、部活単位で謹慎処分が下るかも知れない。

 三人に失う物は何もない。だからこそ、潰すなら徹底的に潰すだろう。


「お、落ち着け! バカな真似はやめろ!」

 気分は逆上した犯人をなだめる刑事だ。

「そんなことをしても何の解決にもならない。益々自分を腐らせるだけだぞ」

「先にふっかけてきたのはそっちだろ!」

「そもそもの発端はお前らじゃないか。三人で、部活サボって、陰口叩いて、悪ぶるにしてもスケールが小さいんだよなあ」

「うっ……、うるさいうるさいっ! 俺たちのスケールが小さいっていうんなら、今日こそ正々堂々と、リアルに、メジャーに、本格的に、いじめてやる!」

 あー、ダメだ。落ち着かせるつもりが逆に怒りをあおってしまった。

 やむを得ない。殴られそうになったら、逃げよう。

 相手の攻撃に備えて身構える。

 三人が一斉に飛びかかった、そのとき、

「待て!」

 高瀬川が立ちはだかった。

 胸を張って、背筋を伸ばして、まるでヒーローだ。その姿はりりしかったが、拳を受け止めるわけでも敵をやっつけるわけでもなく、ただ割り込んできただけという感じだ。


 ……こいつ、バカなのか?


 首根っこを掴んで引っ張る。

「うわぁっ!」

 高瀬川が身体をそらした空中を三つの拳が掠めてゆく。

「高瀬川くん、危ないよ! もう少しで殴るところだったよ!」

 三人もびくびくしている。

「話は聞かせてもらった!」とこれまたヒーロー感のあるセリフを言い放つ高瀬川。

「君たちはケンカをするために陸上部に入ったわけじゃないだろう? 足の速さなんて関係ないよ! かけっこは楽しんだ者勝ちだもの!」

 真剣な顔で走る楽しさを力説する。明るい色の炎が、めらめらと高瀬川の周りを取り巻いている。このまま夕陽に向かって駆け出しそうな勢いだ。


 初めのうち三人はにこにこしながらその熱弁を聞いていた。ところがその笑顔が徐々にひび割れてきた。高瀬川が「トップアスリートにならなくてもいい!」「グラウンドは友だち!」「ここで諦めたらレース終了だよ!」などと口走るたびに、額に浮かぶ青筋は数を増していく。

 突然、一人がにこにこしたまま殴りかかってきた。

 首根っこを掴んで引っ張る。

「うわぁっ!」

 のけぞって、拳を避ける高瀬川。


 ……確かにお前の言いたいことは分かるよ。かけっこは楽しいよな。楽しんだもん勝ちだよな。


 でも、さあ……。


「「金メダリストのっ、お前がっ、言うなっ!」」


 高瀬川以外の全員がハモるという、一生に一度の奇跡が起こる。

 三人はオレたちから距離を取ると、ぶつぶつと相談し始めた。

「なんかムカつくよなー。高瀬川」

「エースだかなんだか知らないけどよぉー」

「ここらでいっぺん、シメとくかー?」

「高瀬川いじめに賛成の人」

「はい」

「はい」

「はい」

「満場一致で、標的変更」

 何やら不穏な議題が可決したらしい。高瀬川は話の筋が掴めないのか、不思議そうな顔で首をひねっている。去っていく三人の背中を見つめながら、

「あの人たち、分かってくれたかな……」

 ひとりごちたもんだからたまげた。


 こいつは、正真正銘のバカだ。


 成績なんて関係なくて、走ることが大好きで、その楽しさを他の人にも教えたい。ただ、それだけなんだ。

 高瀬川は良いやつだ。そんなの、ずっと前から知ってる(バカなことは今知ったけど)。

 弱肉強食のスポーツの世界で、お人好しのこいつが頂点に立っていられる理由、それは天性の才能があるからだ。才能が育つ環境と、努力を止めない根性と、健康な身体、それに「走ること」が好きという気持ちでさえ、オレよりたくさん持っているなんて……。


 神様、不公平だよ。

 オレはあんたから何ももらってない。


「……バカだな」

「え?」

「バカだって言ってんだよ。部活やってる全員が、走ることが大好きだって本気で思ってんのか? 世の中は〝好き〟な気持ちだけで成り立っているわけじゃない。有名になりたくて走っているやつもいるし、その名誉を利用しようと企む汚いやつもいるんだよ。そいつらの気持ちをお前は知らない。オレもお前の気持ちなんて知るか」

 高瀬川に背を向けて、グラウンドまで走る。

 オレは振り返らなかった。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます