心変


 夜。妹を寝かしつけたあとで、商業区に戻ってきた。長い坂道を上る。両脇の露店はすっかり店じまいしていて人っ子一人いない。

 道の途中で、立ち止まる。

 小さく息を吸って、呼びかける。


「ユーク」


 微かな風が頬を滑る。月影が揺らめいて黒いドレスが現れた。月光に反射する白銀の髪。ゆるやかに俺の前へ降り立つ。

 ユークは俺に近づいて、くんくんと服のにおいを嗅いだ。

「男くさい。ちゃんとお風呂入ってる?」

「……」

「この間は、悪かったわね。あれからセツナには指一本触れていないわよ。今日はナギを灯台に連れていったけれど、ハズレね。ナギも灯台守じゃないとすると一体何なのかしらね、灯台守って」

「……」

 ユークがそっと俺の顔を覗きこむ。

「どうかした?」

「……灯台を乗っ取ったら、死の運命を変えられるか?」

 暗闇の中で、青色の目が訝しげに歪んだ。

「何を言っているの?」

「教えてくれ。現実とは違った未来を築くことはできないのか?」

「まさか、灯台守を見つけたの?」

 ユークの両手が頬に触れる。無理矢理、彼女の方へ顔を向かせられる。

 ユークは宙に浮いていた。俺の顔の高さに浮いていて、その目は真っ直ぐに俺を見つめていた。


 純真なほど、鋭い瞳。


「どうして目をそらすの?」

「……」

「私を、見て」

「……」

 がさがさと近くの茂みが揺らいだ。俺もユークも音のする方へ顔を向ける。

 ナギが出てきた。俺たちに気づかないまま、全速力で坂道を下っていく。

 少し間を置いて三人の男たちが跡を追う。どいつも鉄パイプを手にしている。

「いててっ、古傷が痛むな……」

 今日だったか、あのチンピラたちが強硬手段に出てくるのは。

 十七歳のオレを襲った「星屑ストア」の犯人グループは、現実の世界ではセツナが連れてきた警察官に逮捕される。頭を殴りつけられる、寸前のところだった。

 現実の記憶が夢に反映されているなら、放っておいても問題ないはずだが……。

「じわじわと腹が立ってきたな。この際だから仕返ししてやろう」

 呪いが解けたように俺の身体は自由になる。灯台でやったみたいに手をかざして武器を呼ぶが出てこない。両手をぶんぶん振り回しても音沙汰無しだ。

「ユーク、刀を出してくれ」

 彼女はまだ灯台守の話にこだわっているようだったが、俺が今にも駆けだそうとしているのを見て観念したらしい。

明晰夢めいせきむ、使えるでしょ」

 出たな、難しい名前の魔法。

「魔法じゃなくて夢を思いのままに操る能力。強く強く念じるの。探偵のくせに考え事が苦手なあなたでも、私が〝覚えた〟武器くらいなら出せるでしょ」

 説明の合間に悪口言われた気がするが、大人の余裕で受け流そう。

 言われた通りに強く念じてみる。すると光をまとってサーベルが現れた。握りしめて跡を追う。

 商業区の入り口に、倒れたナギと今にもパイプを振りかざそうとする、野郎どもの姿が見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます