鶯舌記 -おうぜつき-

作者 八島清聡

フォロー 1話目から読む

歌え歌え歌え笑え舌を切れ歌え殺せ笑え殺せ、徹頭徹尾根を絶やせ! 八島清聡

【梗概】
紫乃は、生まれながらの奴婢(奴隷)である。
歳は十七、琉斌国に滅ぼされた隣国の神葛の出身だった。
十一の時に琉斌の王族である氷雨に買われ、下女として仕えていた。
氷雨は紫乃に情けをかけつつも、母の身分が低いゆえに皇女・艶夜との結婚を望む。
艶夜は琉斌国皇王を父、神葛の女王・伊邪夜を母に持ち、国一番の美貌と鶯舌(美声)の持ち主だった。
彼女は鶯舌を保つために、とある物を好んで食べていた。
切りとったばかりの、新鮮な人間の舌である。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

Good!

――

文の呼吸が的確で整然としており、羨ましい文章力だと感じました。
登場人物のネーミングにとても華があり、見習いたいです。

小説情報

鶯舌記 -おうぜつき-

@y_kiyoaki
執筆状況
連載中
エピソード
24話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ホラー
セルフレイティング
残酷描写有り 暴力描写有り 性描写有り
タグ
ダークファンタジー 和風ファンタジー 古代 恋愛 身分差 神殺し 恍惚
総文字数
131,344文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
57人
応援コメント
作者の設定により非表示
小説フォロー数
114

アクセス数