鶯舌記 -おうぜつき-

作者 八島清聡

咲き乱れる藤のように、華麗でありながら人のしたたかさも感じられる物語

  • ★★★ Excellent!!!

これは凄すぎると思いました。

舞台設定から人の心の機微に至るまで、あまりにも繊細で丁寧。
おぞましい物語であるというのに、甘美で蠱惑的な文章が読者を魅了し、あれよあれよという間に物語の世界に引き込まれていきます。

例えるならそう、藤の花のよう。華麗で高貴でありながら、力強いしたたかさも感じられます。

もう少しこの世界を堪能したいものですが、長らく更新されていないのが残念でなりません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

潮風凛さんの他のおすすめレビュー 85