敗者の街 ―Requiem to the past―

作者 淡月悠生

誰もが、自分らしい終わりを見つけたと信じて

  • ★★★ Excellent!!!

この物語は、とある一通の不審なメールから始まります。
そこから現れるのは、奇妙な街と奇妙な人物達。

過去と未練、罪と贖罪。誰もが心に何かを隠して、この「敗者の街」で生きている。
彼らの歪んだ、けれど切実な思いとともに、展開が進めば進むほど謎が深まっていく物語にいつの間にか引き込まれていきます。

願わくば、彼ら全員にとってこの終わりが良いものでありますよう。
そして、レヴィとロバートに最高の祝福を。

素敵な物語をありがとうございました!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

潮風凛さんの他のおすすめレビュー 81