『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』

作者 淡月悠生

迷い、悩んだ彼らの歩みの証を。

  • ★★★ Excellent!!!

ここに記されるのは、一冊の小説にまつわる記録。
それは、フィクションであってフィクションではない。
物語の形をしているが、確かにそれは、ひとつの時代を生き抜いた人々の「真実」なのだ。

謎が謎を生む緻密な展開と、丁寧に描かれた人物描写は、あなたに激動の時代を生きた人々の歩んだ証を見せてくれるだろう。

全てを読んだ時、きっと気付くはず。
「花」と「鳥」に込められた、その理由を。

ぜひ読んでください。おすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

潮風凛さんの他のおすすめレビュー 85