第13話 ハエ

映える

「昨日見た映画、既視感がある」


聴いたことがある

「音とい、聴いたMUSIC、既聴感ある」


この香、味

「1週間間前、食べた卵焼きは懐かしい…なんだか」


この町来たことある

「BOKUは長い旅の末、ついにこの地に辿りついた」



BOKUNOリュックには常に一匹のハエがついている。



「お前、背中にハエついてるぞ」


学校であくゆうが、からかってくる。


「なんだよ、きょうへい、ふざけるな」


プロ的思考は誰にも敵わない。



「明日、ロスるぞ」


「ロスか」


「ラスベガスもいいね」


部屋の中を情緒豊かなハエが舞う


時の流れはハエア


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る