第16話 「ラ族」と「ル族」

「ラ ラ ラ ラ ラ LA LA LA」


ラ族の居住する月の裏のスペースキャンプからは、いつもこのメロディが流れてくる。



「ル ル ル ル ル RU RU RU」


ル族の居住する北海道からは、いつも狐の口ずさむ嗚咽が流れてくる。



「よし、北海道に助けに行こう LALA」


月の裏からLALAを乗せたスペースロケットが発車する。


「5、4、3、2、1、ラーーーー」


宇宙旅行の空間は快適であった。ただ、大気圏突入の際は、ビックリ仰天した。なんと着ていた宇宙服が全部脱げた。「まさに、俺ら裸族だな…なんてLALAとゲラゲラ笑った」


「あと10秒で着陸します」

「準備はOK?」

「ラ ジャー」

「LALA 地面を確認せよ」

「LA ジャー」


スーッーーーー


以外にも衝撃は少なかった。


俺たちは下船して知った。


宇宙ロケット船が狐になっていた。フカフカの毛で覆っている。


「狐ちゃん 大丈夫?」


「おーい ル ル ル ルル」


その瞬間何千匹の狐が宇宙船に化け、月へ帰って行った。


「ああ”---- 待ってくれ」

「LALA なんでそんな余裕なんだ」


ラ ラ ラ ラ LASTなのよ…運命が


「ジャじゃンーーーーん?」高速で走馬燈の走るメリーGOラウンドが逆回転した。


振り落とされた俺らは結局ラ族の証を、裸馬にまたがり駆け抜けるしかなかった。LAまで走れ!


目的地は既に無いように思えた。目を瞑り、「ラ、ラ、LA」と唱えると世界は魔法のように別の「リ」族の住む小宇宙へ離別したりして…リーリーリー


助走をやめないで!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る