第17話 宇宙の果てで抱きしめたい

「♪抱き〆たい…」


つまらない宇宙空間ではたった1曲の癒しの音楽。何度も何度も口ずさみ、昔を懐かしむ。あの娘の輪郭が思い起こされる。果てしない追憶の日々。至極の時の連続。もうCDもメディアプレーヤーも壊れて聞けない。



「君を見摘めていたい♪」また、口ずさんでしまった。


無重力の空間、この世、いやこの音間で一番美しい花を摘み、君に捧げる。大気圏は突破できないが、きっと君の心の奥底に塵ばめられている好き魔に。



「アメガフッている」


小窓から宇宙雨が降っている中、歩く君の妄想姿が見える。そっと傘を差し出すが君は濡れたまま。遂に君が傘の枝を持った時、アメはあがった。


BOKUは雨にもフラれた。夢の中で独り口ずさみ、エアkissしながらあの曲を…🎶

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る