第18話 ファイナル カウント UP

「あなたの寿命は長くてあと1億万年です」


「先生、損なに長いのですか?」


「永いのです」先生は眼鏡の中央の短いつなぎ部分を右手人差し指で思いきり押し上げる↑




「この先どうすれば」


「ただ、ただ1日を短々とやり過ごせばいい」先生は目をそらす。




「では、今日で診察を終えます」


「宣誓!さようなら」



BOKUは加速化しつづけるロケットの後部入口にドッキングし搭乗する。「ついに乗った!まず、この船内の空気を1秒に0.000000001Lずつ吸おう」


BOKUのカウントUP


「100億万1回、2回、3回…」


なかなか、終わらない。やり過ごし過ぎたな。BOKUは人間という邪気を吸って空気を永遠と製造する機械だった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る