第4話 1羽のカラスと1人のふとどき者

うちの目の前の道路に、生活ゴミを投げていく。ふと、ポイ捨てする車のナンバーを見るが、かすんで見えない。


ゴミ袋を1羽のカラスがあさる。朝、早朝、深夜、真昼、真夜中、年中構わずあさる。


あ”-----


ヴぁーーー


う”------------



カラスはビクともしない。


対峙し、にらみ合っている僕らの横をあの車が通り水溜まりをはねる。


ヴぁん。


車のタイヤは突然パンクする。


その後の行動

(仮1)注意する


ブーーーーー


(仮2)無視する


ぶーーーーー


(仮3)やりすごす


んーーーーーーー


セカイはきっとカラスを中心に回っている。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る