第12話 海の親

何億年探しつづけ 


あの億深く青い透明なブルー 


底なし沼にはまった 


横丁通りの食堂の看板娘 


青森の田舎町から 一歩 も出たことない あの娘


籠の中から出れない いつまでも


わたしたちの産みの親を憎むことはない



「もう こんな遠くまで来ちゃったんだ」


深海探査機やGPSSX100000号の窓から見える光景


「見て 見て あれが母なる海底?」




~~~~~~


あれは、砂だから


波が親


.......................


砂は先祖


積み上げて来たものが崩れ落ちる。


海はいつも僕に墓無さを教えてくれる。




「これで海洋深海葬を滞りなく終了します」船長がポツリ言う。


愛する母との別れが終わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る