深夜、コンビニ前に腰掛けていた君があまりに綺麗で。

作者 音ノ葉奏

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全34話

更新

  1. 第1話 その日、君を見た。
  2. 第2話 ファーストコンタクト
  3. 第3話 狼は赤ずきんの皮を被る。
  4. 第4話 家族の営みが欠けた部屋で……
  5. 第5話 朝のひと時
  6. 第6話 一人暮らし
  7. 第7話 二人……暮らし?
  8. 第8話 一人の時間
  9. 第9話 従兄妹
  10. 第10話 私と……出かけませんか?
  11. 第11話 文化祭のお誘い
  12. 第12話 またあとでと言える生活
  13. 第13話 番外編 おかえりと言ってくれる人がいる。
  14. 第14話 待ち合わせ
  15. 第15話 旅の始まり
  16. 第16話 デートみたいだね……?
  17. 第17話 旅の終わり
  18. 二章 第1話 お兄ちゃん……?
  19. 第2話 男は辛いや……。
  20. 第3話 兄妹
  21. 第4話 清算
  22. 第5話 夕飯
  23. 第6話 深夜のリビング
  24. 第7話 ばかっ
  25. 第8話 深夜三時、家を出る
  26. 第9話 「やっぱりなんも変わんねぇな」
  27. 第10話 いつもの通学路
  28. 第11話 あるべき生活
  29. 第12話 顔色
  30. 第13話 そして連休が終わって。
  31. 第14話 十月祭
  32. 第15話 Girl's Side 悪戯
  33. 第16話 Girl's Side これが本当の私の気持ち。
  34. 第17話 手と手