深夜、コンビニ前に腰掛けていた君があまりに綺麗で。

作者 音ノ葉奏