第5話

 翌日。

 圭介は近くの話し声で目を覚まし、ベッドから起き上がった。

 メンバーは全員が小さな専用部屋を与えられているため、自宅へは帰らずに個室で寝泊りする者も少なくない。

 彼もその一人だ。


(一人や二人の話し声じゃないな……何の騒ぎだ?)


 困惑の表情で廊下へ出ようとする圭介。

 しかしその前にドアが外から勢いよく開かれ、誰かが室内へ入ってきた。

 茜だ。


「圭介さん……!」


 かなり急いだようで、少しだけ呼吸を乱している。

 その様子に、何か大変なことが起こったのだと圭介は悟った。


「どうした。何があったんだ?」

「侵入者です! 昨日の夜中、日付が変わる少し前に何者かが侵入し、教官が襲われたとのことです!」

「何……!?」


 ここは日本支部の基地。

 ガードとしての活動に必要な設備だけでなく、緊急時に近隣住民を避難させるための大型地下室もあり、安全面への意識は高い。

 建物内には監視カメラや赤外線センサーなどが無数に設置され、感知技術に優れた者も大勢常駐している。

 防御体制は万全だ。


「侵入者だと……?」


 万全のセキュリティを突破し、教官を狙ったほどの刺客。

 間違いなく相当な強豪であろう。

 だとすれば、教官も重傷を負ったかもしれない。


「襲われた教官は無事なのか!?」

「もちろん」


 圭介の問いかけに対し、茜は即答した。


「襲われたのは南雲教官ですから。侵入者を簡単に倒して拘束したと聞いています」


 それを聞き、圭介は安心した。

 恭司の強さなら、誰に襲われても難なく返り討ちにできるからだ。

 おそらくかすり傷も負っていまい。

 だが安心すると同時に、疑問も浮かんできた。


「その侵入者は、最初から南雲教官だけを狙ってきたのか?」

「違うと思います……何しろ、侵入者は正気ではなかったそうなので」


 茜は少し間を置いて続けた。


「目が虚ろで言葉は不明慮、意志疎通もできないという有様だそうです。会話が成り立たないから、詳しい事情も聞き出せないのだとか」

「ちょっと待て……それは絶対におかしいぞ」


 不思議そうに圭介は口を開いた。


「そんな狂人がここの万全なセキュリティを突破して、南雲教官を襲うなんてできるわけがない。途中で誰かに発見されるはずだ」

「ですが現実にその狂人は侵入を果たしています。監視カメラに映らず、赤外線センサーに引っかからず、感知技術に優れたメンバーにも気づかれることなく、です」

「……」


 おかしい。

 昨夜発生した教官襲撃事件は、あまりに不可解だ。

 圭介は顔を下に向け、考え込み始めたが、不意に茜の言葉が耳へ入ってきた。


「さらに、もっと不可解な事実があります」

「何だ……それは?」


 これ以上不可解なことがあるのか。

 そう思いながら顔を上げる圭介。

 彼に対し、茜は冷や汗を流しながら告げた。


「侵入者を最新技術で検査した結果、根本的に人間と異なる存在であることが判明したそうです。血液が、私達のよく知る生物とまったく同じものだったこともね」

「よく知る生物だと?」

「ええ……魔獣です」


 それを聞いた瞬間。

 圭介は思わず絶句し、立ち尽くした。


「魔獣……?」


 確かに不可解としか言えない。


「まさか侵入者の正体が魔獣で、人間の姿になって侵入してきたわけか……?」


 自分でも馬鹿げた発想だと圭介は思ったが、他に考えられない。

 彼の言葉を肯定するように、茜は頷いた。


「信じられないことですが……ないとは言い切れません」

「魔獣について、人間が何もかも知っているわけではないからな……人間形態に変身できる魔獣がいたとしてもおかしくはない」

「ええ。教官達や支部長も、同じ結論を出したそうです」

「そう……か」


 呟くと、圭介は心の中で続けた。


(ただでさえ厄介な存在なのに、肉体変形能力まであるかもしれないのか……!)


 やはり魔獣は恐ろしい生物だ。

 そんなことを考えていると、茜が壁に寄りかかって口を開いた。


「そして侵入者が正気を失っていた件については、原因は何も分かっていません」

「急激な肉体変形の影響による副作用とか、人間形態になること自体が難しい技術で成功率が低いとか、色々理由は考えられるが……一体何なんだろうな」

「どちらもありえると思いますけど、現時点では断言できませんね」


 同意するなり、茜は廊下へ出て周囲に視線を巡らせた。


「それより他に……もっと深刻な問題があります」

「ああ……分かっているよ」


 言って圭介は後に続き、廊下を見渡した。

 日本支部のメンバーが数十人いる。

 幾つかのグループに分かれ、何か話し合っているようだ。

 全員の表情が真剣そのもので、余裕などまるでない。

 そんな光景を見ながら、圭介は口を開いた。


「魔獣が人間に変身できるってことは、日本支部のメンバーに魔獣が紛れ込んでいる可能性もあるってことだからな」


 人間の姿になった魔獣が全て、昨夜の侵入者と同じ状態とは限らない。

 理性を保ったまま、という個体もいるかもしれないのだ。


「何か対策しないとまずい……な」

「その対策を考えるために今、教官達と支部長が会議をしています。良い案が出ることを祈りましょう」

「良い案……か」


 呟くと、圭介は少し考えてみた。

 新人も含め、日本支部のメンバー全員の血液検査をしたらどうか。

 しかし結果が出るまで、魔獣が大人しくしているとは思えない。

 検査用機械の破壊や、血液の回収ぐらいは試みるだろう。

 もちろん露見を防ぐため秘密裏に、だ。

 あるいは投げやりになって変形を解き、暴れ始めるかもしれない。


(いかんな……後ろ向きなことばかり想像してしまう)


 一人ではなく、茜と一緒に案を出し合った方が良い。

 そう思い、圭介は彼女に声をかけた。


「支部長や南雲教官達ばかりに任せず、俺達でも考えを出し合ってみないか?」

「ええ、良いですよ。私も、そうしようと思っていましたから」


 会話を終えると、二人は話し合いをするために圭介の個室へ戻った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます