第12話

 翌日。

 圭介は早朝から町中を歩いていた。

 依頼が何も入ってきておらず、やることが少ないのだ。

 魔獣とて生物なので、毎日昼夜を問わず暴れ回っているわけではない。

 ごく稀にだが、まったく人間を襲わない場合もある。

 今日がまさにそれだ。

 全国のどこからも、魔獣に襲撃されたという話が入ってこない。

 だからと言って気が抜けるはずもなく、情報機関は休まず活動を続けているのだ。

 それを少しでも手伝うため、圭介は町へ出た。

 いつでも基地へ連絡できるように小型無線機を襟元へ装着し、驚異的な五感を研ぎ澄ませ、周囲の様子を注意深く探りながら歩いているのだ。


(いない……な)


 恭司には及ばないが、圭介の感知技術も優れている方だ。

 相手が常人や並の魔獣であれば、隠れていても即座に存在を見抜ける。


(少なくともこの周辺には潜んでいないってことか……いや、そう判断するのは早計だな)


 ドルやレツのような強豪や、古参の存在は感知できていないかもしれない。

 だから圭介は少しも気を抜かず、鋭い目つきで歩き続ける。


(この町は森も多いし、隠密行動しやすい環境。どこに魔獣が隠れていてもおかしくはない)


 日本支部の基地が存在する町なのに、魔獣の被害が少なくない理由がそれだ。

 森の中から残像を伴うほどの高速で不意打ちされれば、ガードのメンバーであっても危険。

 常人では反応することもできずに殺されてしまう。

 故に日本支部への連絡が遅れる場合も多く、被害を抑えた上での討伐は非常に難しいというのが現状である。


(森の近くを徹底的に探ろう)


 そう思い、住宅街から少し離れた位置の森を見た直後。

 圭介は凄まじい速さで動き、近くの物陰へ隠れた。


(魔獣……!)


 数十メートル前方にある森の中で、魔獣が歩いている姿を目撃したのだ。

 巧妙に物陰へ隠れたまま、それを観察する圭介。


(町とは違う方角へ向かっているな……どこへ行く気だ?)


 疑問を覚えつつ、圭介は小型無線機で基地へ連絡。

 魔獣発見の報告をし、これから尾行開始することを告げると、彼は動いた。

 巧みに遮蔽物の裏へ姿を隠しながら、慎重に後を追っていく。


(あいつ……警戒心が薄いな)


 森の中の魔獣には、周囲を気にしている様子がないのだ。

 無防備に歩いている。


(もしくは、そう見せかけて誘っているのか……?)


 どちらの可能性も低くはないと言える。

 警戒心が薄いと見せかけて尾行者を油断させ、不意打ちを仕掛ける、ということも十二分にありえるのだ。


(二重尾行の可能性も……あるからな)


 森の魔獣だけに注目していたのでは隙だらけである。

 己が誰かに追われることも、想定しておかねばならないのだ。

 故に圭介は気を抜かず、自分も尾行を警戒しながら動いている。

 物陰へ隠れ、少しも足音を立てずに魔獣を追っていると、やがて広大な樹海の近辺へ辿り着いた。


(樹海か)


 地元でも有名だが、今は誰も入れない場所である。

 野生の獣が多く潜み、高い木々が生い茂り、誰もが方向を見失って迷う複雑な構造だからだ。

 興味本位で探索へ行った結果、後に死体で発見された例まである。

 迂闊に手を出すのも危険なので、周辺は厳重に封鎖され、立入禁止区域となったのだ。


(人里からは離れていく一方……魔獣の目的は樹海にあると見て、間違いないな)


 しかし樹海で何をするつもりなのか。

 そんなことを考えながら、魔獣が入っていった方向を見据える圭介。

 しばらくすると、彼の目に信じられない光景が飛び込んできた。


(なっ……!?)


 思わず、悲鳴を上げてしまいそうになった。

 樹海の奥に、数え切れないほど多くの魔獣が潜んでいたからだ。

 どんなに少なく見積もっても、確実に百体以上いる。

 距離があるためによく聞こえないが、何か言葉のやり取りをしているようだ。

 大規模な襲撃の計画でも練っているのだろうか。


(どうする……踏み込むか……?)


 心の中で呟くが、すぐに思い直した。

 こちらは一人に対して、魔獣達は百体以上おり、勝ち目がないことは明白。

 踏み込んだところで数に押し切られ、なぶり殺しにされるだけだ。

 この状況で手を出すのは無謀としか言えない。


(連絡しよう)


 突撃しても無駄死にするだけだ。

 ここは一旦報告した上で帰還し、今度の対策を練る必要があるだろう。

 決断すると、圭介は小型無線機で基地へ連絡。

 樹海に大多数の魔獣が潜んでいることを報告し終えるや否や、急いでその場から去った。

 常人では捉えられない速さで、巧みに障害物を避けながら走っていく。

 やがて遠く離れた場所にある公園へ入ると、ようやく圭介は一息ついた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます