来世で逢いましょう。 -落ちた神童の異世界偽典-

九曜

#

プロローグ

 あるときを境に、ここではない世界の記憶が甦ってくるようになった。

 



 最初は、夢。

 夢で見たものがいつまでも消えず、脳裏に残った。


 次は、現実。

 いま目にしている景色や状況が、ここではない世界のものと重なった。あのときはこうだった、このときはあいつがいた――と、ごく自然に考えてから、そんな自分にはっとした。



 

 記憶の断片を整理するに、その世界は西暦20XX年。僕は日本と呼ばれる国に住み、とあるエリート校に通う十七歳のようだった。


 名前は、降矢木由貴也ふるやぎゆきやという。


 この複雑な文字も、最初は無意識に書いたもので、初めて見たときは読み方もわからず、いったい何の紋章かと思ったものだ。



 

 そして、最後は――見上げた空から落ちてくる鉄骨だった。



 

 あいつと並んで歩いているとき、「危ない!」という叫び声に頭上を見上げれば、数本の鉄骨が落ちてくるところだった。


 それ以降の記憶はない。


 どうやら僕はそこで死んだらしい。



 

 なるほど。つまりこれは僕の類稀なる想像力が生み出した創作ではなく、ここではない世界の記憶であり――その生まれ変わりが今の僕、ということなのだろう。


 前世だとか輪廻転生だとかは信じていなかったのだけどな。



 

 それはいい。

 問題は別のところにある。



 

 僕の名は、ララミス。


 ファーンハイト王国にある王立エーデルシュタイン学院に通う一介の学生だ。


 エーデルシュタイン学院は、世界最高水準の教育を謳う教育機関である。


 実際、その謳い文句通りに世界中から将来有望な少年少女たちが国費留学生として集まり、多くを――科学や政治学といった高い教養科目であったり、魔術や神学といった専門知識であったりを学び、各々の国に帰っていく。


 僕もその学生のひとりだ。



 

 いや、そのひとりだったというべきか。



 

 ここで厚顔無恥にも自分のことを語ろうと思う。


 そもそも僕はファーンハイト王国の片田舎に生まれ、生活する平民だった。ただし、魔術の才能や高い知能に恵まれたおかげで、そこでは神童などと呼ばれていたりもしていた。そこにある日、その噂を聞きつけた貴族がやってきた。その貴族は何と首都ヴィエナの統治の一角を任される侯爵で――僕はそこに養子として迎えられた。


 双方の両親の名誉のために言うが、僕は僕の意志を無視して無理矢理つれていかれたわけでも、人身売買のように養子に出されたわけでもない。


 貴族の両親は、子どもが産めない体であるが、それでも家のために才能ある子がほしいのだと、平民の両親に頭を下げた。


 生みの親は難しい顔をした。当然だ。血を分けた実の子なのだから。だが、こんな田舎にいてもたいした教育を受けさせることはできず、せっかくの才能も宝の持ち腐れになってしまうと考えた。加えて、僕にも向上心があった。


 結果、僕は貴族の養子となり、名はララミス・フォン・ハウスホーファーとなった。



 

 ここまでは幸せだった。


 僕は侯爵家の子として高い教育を受けさせてもらえたし、十六になる年にエーデルシュタイン学院にも入学させてもらえた。幼い僕にとって生みの親と離れることは少なからず辛いことではあったが、好きなときに会いにいかせてもらえた。



 

 だが、学院に入学後、程なくして僕の才能は次第に失われていった。



 

 この世界の人間は魔術の素養をもって生まれることが珍しくない。それが大きいか小さいかは個人差があり、大きければそれは才能と呼ばれる。仮に小さくとも、学ぶことでいくらかの魔術を使えるようになる。素質が皆無だったとしても、それによって蔑まれることはない。それは人の価値を量るものではないからだ。故に、魔術を学ばないという道も選択できる。


 僕はその魔術の素養が非常に高かった。いずれは高位の魔術師になるだろうと期待されたし、そのためにヴィエナ候フォン・ハウスホーファー家に迎えられたのだから。


 だが、それも徐々に失われ、今や人並みだ。


 原因は不明。ただ、振り返るに――力が衰えてきたのは、僕の前世の記憶が甦りはじめた時期と一致しているように思う。しかし、何がどう作用した結果なのかはわからない。今はただ事実を受け入れるしかないだろう。


 当然、それを周囲に隠すことはできず、学院の学生や先生、皆が知ることとなった。


 大人たちはそろってため息を吐いて落胆し、学生の間では一時期この噂で持ち切りだった。特に、僕が鳴り物入りで特待生として入学しただけに、その反動のように噂は面白おかしく脚色された。「早々に才能が枯れた」「そもそもそんな力などなかった」「凡才が金の力とヴィエナ候の名で特待生になった」などなど。



 

 おかげで今の僕の異名は『落ちた神童』である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます