2.三人の従者たち(2)

 講義が終われば昼休みだ。


 さっきまで一緒だったマーリャは「エカテリーナ様のところへ行かねば」と、手早く荷物をまとめて風のように去っていった。


 僕も近くの学生食堂へと向かう。


 お恥ずかしい話だが、僕は友達が少ない。

 最初はそうでもなかった。だが、僕が魔術の素養を失くしはじめたころから、次第に人が離れていったのだ。みんな神童や特待生というブランドにすり寄ってきていただけ、とは思わない。僕が落ちた神童となったことで、ここぞとばかりに叩き、バカにする連中が出はじめたので、巻き添えを喰うことを恐れたのだ。


 そんなわけで午前中最後の講義でシェスターと一緒か、食堂で偶然彼と会わないかぎり、僕はひとり寂しく昼食となるわけだ。


「ララミス」


 ランチの載ったトレイを持って、今日はひとりかなと諦めかけていたとき、僕の名を呼ぶ声が耳に飛び込んできた。


 声のしたほうを見ると、そこには男女ひと組の生徒がいた。


 エカテリーナの従者、イリヤとヴァシリーサだった。


 男にしては少し背が低く、中性的な整った顔をしているのがイリヤ。逆に背の高い、凛々しい顔をした女の子がヴァシリーサだ。


 僕が見るかぎり、三人の中に序列というものはない。だが、何かにつけてこのイリヤが先頭に立つので、どうやら彼がリーダー的な役割を担っているようだ。


「よかったら一緒に食べないかい?」

「いいね。そうさせてもらうよ」


 僕はイリヤのありがたいお誘いに乗り、さっそく四人掛けのテーブルに腰を下ろした。イリヤの斜め前、ヴァシリーサの横だ。


 見ればふたりはもう半分以上食べ終えていた。先の講義が早く終わったのかもしれない。


「さっきの講義、確かマーリャと一緒だったんじゃ?」


 イリヤが問うてくる。


「ああ。だけど、エカテリーナのところへ行くと言って、颯爽と教室を飛び出していったよ」

「彼女は職務に忠実だから」


 苦笑するイリヤ。


「そういうふたりはサボりか?」

「失礼なことを言うやつだな」


 これはヴァシリーサだ。

 言葉の響きほど怒ってはおらず、むしろ笑っている。


「これでも僕らだって職務に忠実なつもりだよ。エカテリーナ様からは、学校にいる間は好きにしていいと言われている。だから、その通りにしているんだ」

「なるほど」


 こちらはエカテリーナの言葉を前向きなものとして受け止め、実践しているようだ。


「僕のほうはマーリャを誘ったんだけどね。あえなく断られてしまったよ」


 僕を見つけて声をかけてくれるこのふたりとは大違いだ。


「彼女の態度を見ていれば脈がないことくらいわかるだろうに。意外とめげないタイプなんだな」

「待て、ヴァシリーサ。僕はただ一緒に昼食を食べようと思っただけだ。そこに他意はないよ」

「冗談だ」


 ヴァシリーサは、ふふっ、と笑う。


「わかってるよ、君の本命はアラシャ先輩だろう?」

「ッ!?」


 イリヤの言葉に、僕は食べていたものを喉に詰まらせそうになった。水を飲み、流し込む。


「わかっていない。どこがわかっているんだ」

「そうなのかい? 僕らの間ではアラシャ先輩だと見ているんだが」


 人のいないところで、人をネタに盛り上がらないでもらいたい。


「でも、この話をするとエカテリーナ様が不機嫌になってしまうんだ」

「あと、ちがう意味でマーリャもな」

「……」


 まぁ、エカテリーナは、どこまで本気かわからないが、僕を祖国につれて帰ろうと画策しているからな。マーリャはもう言わずもがなだろう。


「実際問題、申し訳ないことに、マーリャは君のことをきらっているようだ」

「みたいだね」


 そのきらっている僕の話題が主人や仲間の口から出れば、そりゃあ機嫌も悪くなるというものだ。


「ただ、僕が何かしたかな、とは思うね。まるで心当たりがない」

「彼女はね、君のせいでエカテリーナ様が変わってしまったと考えている節がある」


 と、イリヤ。


「は? 僕が?」


 彼の思いがけない言葉に、僕は素っ頓狂な声を上げた。


 確か午前の講義の前にもマーリャは、エカテリーナが変わってしまったと嘆いていた。変わったことについては僕も同感だ。それをどう受け止めるかは、彼女と意見が異なるようだが。でも、その原因が僕だというのか?


「心当たりがない?」

「残念ながら」


 イリヤの問いに僕はうなずいて答えた。


「そうか」


 今度はイリヤがうなずき――そこで一拍。




「それが君の罪だ」




「……」


 一瞬、彼の目に穏やかならざる光が宿った気がした。


「罪にはそれ相応の報いが必要だろうね。……アラシャ先輩」

「ッ!?」


 僕は思わず弾かれたように後ろを振り返った。


 そこには確かにアラシャ・ベルゲングリューンがいた。これから昼食なのか、ランチの載ったトレイを持って、席を探しているようだ。


 こちらを向いた彼女もすぐに僕の姿を見つけ――むっと眉間に皺を寄せた。


「こんにちは、イリヤ」


 呼ばれたのに無視するわけにはいかず、アラシャはこちらに寄ってきた。


「よかったらここに座りませんか? 空いてますよ」


 イリヤは中性的な相貌に爽やかな笑顔を浮かべ、そう誘いかけた。


 アラシャがちらと僕を見る。


「どうしましょうか。いつもいつもわたしを避けている人がいるようですけど」


 そんな嫌味を言ってきた。

 多少避けている部分はあるが、その言い方は心外である。


「いつもいつもやたらと突っかかってくる人がいいなら、僕はかまわないよ」

「だ、誰がいつ突っかかりましたか!?」

「さてね」


 僕はグラスを口に運び、自分で考えろとばかりに口を閉じた。


 まぁ、彼女の狼狽えぶりからして、わざわざ自分の胸に手を当てて考えなくても、僕同様多少なりとも自覚はあるのだろう。


 アラシャは、こほん、と咳払いをひとつ。


「わかりました。せっかくなので一緒させていただきます」


 そうしてイリヤの横に座った。僕の正面だ。


「さて――」


 それを待ってイリヤが切り出した。


「そろそろ行こうか、ヴァシリーサ」

「「は?」」


 僕とアラシャがそろって素っ頓狂な声を上げる。


「待て、イリヤ」

「悪いね。僕たちはもう食べ終わったんだ。好きにしていいとは言われているが、そろそろ一度エカテリーナ様のご様子を見にいかないと」


 しかし、僕の制止を露ほども聞かずイリヤそう言い、ヴァシリーサとともに立ち上がった。


「ごゆっくり」

「……」


 僕は去っていくふたりの後ろ姿を、呆然と見送る。


 視線を前に戻すと、アラシャの困り顔があった。たぶん僕も似たような顔をしているのだろう。


 テーブルに僕とアラシャが残された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます