14.襲撃、再び(3)

 ヘルムートは一度、自分の腹に目をやった。そこに突き出ている爪のようなものを見て、信じられないといった様子で目を見開いた。


 そして、次に背後へと意識を向ける。


「ト、トランシルヴァニア候……ワイズマン……、なぜ……?」


 爪がその体から引き抜かれた。


「がっ!」


 ヘルムートは体を弓なりに反らすと、そのまま地面へと崩れ落ちた。腹からあふれた大量の血が石畳に広がっていく。


 と同時、悪魔どもが姿を消した。


 僕には召還魔術の知識はない。だが、おそらく術者が死ぬか、意識がなくなると、召喚された悪魔も消えるにちがいない。


 血の海に沈むヘルムートはぴくりとも動かない。残念だが、死んだのだろう。




「しゃべりすぎだよ、ヘルムート。初めての力におぼれて、よけいなことまで話そうとするからこうなる」




 ヘルムートが倒れ、その後ろから姿を現したのは、白い無貌の仮面をかぶり、黒衣に身を包んだ男だった。


「誰だ、お前は!?」

「ワイズマン。それで足りないら、そうだな……ヘルムートが言ったのひとり、とでも言っておこうか」

「ッ!?」


 やつら。

 人間を恨み、いつか人類に復讐しようとしている――と、ヘルムートは言っていた。


「お前たちは何ものなんだ?」

「それをおしえるくらいならヘルムートを殺していないよ。自分を調べるのだな、ララミス・フォン・ハウスホーファー。研究は好きだろう?」

「……」

「さて、ヘルムートには悪いことをした。せめて彼の遺志を継いでやることにしよう」


 ワイズマンと名乗る男がそう言った直後だった。石畳に夥しい数の魔方陣が描かれた。いや、地面だけではない。空中にも垂直に魔方陣が浮いている。


 そこから現れたのは、すでに見たことのある石像魔ガーゴイルや山羊頭の魔神のほか、三ツ首の魔獣や巨大な黒犬もいる。


「お前も召喚魔術が使えるのか!?」

「『お前も』? ちがうな。私がヘルムートに知識を授けたのだ。あやつの知識は中途半端だったからな。しかし、力におぼれてしまってこのザマだ」


 ここにきてまたひとつ真実が明らかになった。


 確かにアッカーマン家には召喚魔術が伝わっていたのだろう。だが、それは不完全だった。それを補完したのが、ここにいるワイズマンなのだ。


 最初の襲撃事件、あれはヘルムートの仕業ではなかったのだ。思い返せば、悪魔どもは遥か彼方から飛来した。もしヘルムートが召喚の術者ならあのような現れ方にはならないはずなのだ。


 おそらくヘルムートが召喚術を使ったのは、昨日の廊下でのものを除けば、今回が初めて。それは先のワイズマンの言葉でもわかる。


「さて、最後だ」


 ワイズマンは仮面の奥からくぐもった声でそう告げた。




「さぁ、出でよ。ソロモン72柱が一柱。その第15位にして60の魔神軍団を統べる偉大なる公爵。……その名もエリゴス!」




 最後、ひときわ大きな魔方陣から現れたのは、真っ黒な馬に乗った騎士だった。


 片手で手綱を握り、もう片手には槍斧ハルバード。その姿は巨大で、圧倒的な威圧感を放っていた。


 僕は直感した。こいつには絶対に勝てない。人間が挑んでいい相手ではない、と。


「さ、三人とも逃げろ……」


 僕は急速に乾いていく喉で、どうにか声を絞る出した。


「で、でも……」

「そうだ。お前はどうするのだ、ララミス」


 アリエルとエカテリーナも恐怖を押し殺しながら声を発する。


「オレはここで時間を稼ぐ。……大丈夫だ。勝利条件は簡単だ。いずれ騎士団が駆けつけてくるはず。それまでもてばいいんだからな」


 本当か? 先ほど自分でも感じたばかりのはずだ。人間が挑んでいい相手ではないと。ならば騎士団が束になってかかろうと無駄なのではないか?


 冷静な自分が判断する。


「いても足手まといだ! 下がれ!」


 だが、それでも三人は逃がさないと。


「いいえ、わたしがいるわ」

「アラシャでも一緒だ」


 何せ僕ですらきっとひとたまりもないだろうから。


「ええ、そうね。アラシャ・ベルゲングリューンならそうでしょうね」




「でも、ここにいるのが叢雲灯子ならどう?」




「は……?」


 僕は自分が置かれた状況も忘れ、間の抜けた声を出した。


 今、アラシャは何と言った?


「灯子、なのか……?」

「ええ、そうよ。由貴也」


 瞬間、僕は膝から崩れそうになった。




 灯子。叢雲灯子。

 もう二度と会うことができないと思っていた灯子がここにいる。

 状況が許すなら、僕はきっと泣き崩れていただろう。




「待て。灯子もこの世界に生まれ変わったということは、やっぱりあのとき死んだのか?」


 いや、考えるまでもないだろう。灯子がアラシャへと生まれ変わったのなら、やはりあのとき僕と一緒に死んだのだ。


「生まれ変わり? そう、由貴也はそう見ているのね」

「うん? どういう意味だ?」

「いいわ。それは後にしましょ。まずは答えなさい。……ここにいるのが叢雲灯子ならどう?」


 アラシャ、いや、灯子は改めて問うてくる。


「もちろん。足手まといなんかじゃないさ。ふたりなら何でもできる」


 僕は力強く答えた。


 そうだ。僕と灯子は特別なのだから。


「おい、何をふたりで盛り上がっておる。トウコとは何なのだ? わたしにも説明せぬか」

「悪い、エカテリーナ。説明はできない。だけど、もう安心していい。あいつらはオレたちが蹴散らす。……ワイズマン、今から面白いものを見せてやる。人間を舐めるなよ」

「ほう」


 ワイズマンは興味深そうに声を上げた。


「やるぞ、灯子」

「ええ、由貴也」


 僕と灯子は、まるでダンスでも踊るかのように向かい合い、互いの両手をつないだ。

 額がくっつきそうなほど顔を寄せ合う。




 




 この世界とはちがって、ごく一部の限られた人間だけが魔術を使えた。僕と灯子は、魔術の才能を伸ばすための学校に通っていたのだ。




「「『重奏ハーモニー』」」




 そして、そこで僕たちは、互いの意識を同調させ、強力な魔術を使うという特殊な才能に目覚めた。


 だから、そう。その僕たちならこの状況を打破できる。


 僕たちは同時に、悪魔どもとワイズマンに顔を向けた。




「『其の名は門。常闇へと通じる門なり』

「『客人まれびと』」




 最初は小さな光だった。

 だが、それが爆発的にふくらむと、悪魔どもを一気に飲み込んだ。


 これは一種の召還魔術だ。


 下位の悪魔なら光に触れただけで消滅する。光に耐えられるような高位の悪魔でも、強制的に地獄へと送り返してしまうのだ。


 眩い光が消え去ったとき、そこに残っていたのはワイズマンただひとりだった。


 おそらく石像魔ガーゴイルと大型の黒犬は消滅、三ツ首の魔獣と山羊頭の魔神は強制送還といったところか。加えて、肝心のエリゴスと呼ばれた騎士姿の悪魔も、どうにか送り返せたようだ。


 そして、このことはひとつの事実を示唆していた。


 のひとりであるワイズマンが残っている。つまり、ヘルムートが言っていた通り、やはりやつらは悪魔ではないのだ。


「面白いな」


 ワイズマンはくぐもった声でそう言った。


「いいだろう。今日のところはお前たちに免じて引き下がるとしよう。だが、我らは必ず人間どもに復讐を果たす。それまでせめて人の世を謳歌しておくのだな」


 直後、ワイズマンの足元に魔方陣が現れた。


 それが描き終えると、ワイズマンはその魔方陣に中に沈んでいき、程なくして姿を消した。魔方陣も役目を終えると、かき消える。


 聞きたいことは山ほどあった。「待て」と言いたかった。だが、声が出なかった。

 正直、もう戦う気力がなかったのだ。


 ひとまず脅威が去ったことで、僕はそれでよしとするしかなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます