入唐見聞録

作者 中島龍太郎(龍範)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全27話

更新

  1. 第1話  彼岸の赤岸より
  2. 第2話 日本と中国の死生観のちがい
  3. 第3話 日本と中国の神仏観と自然観のちがい
  4. 第4話 言語という名の色眼鏡
  5. 第5話 日本的責任と中国的面子
  6. 第6話  大師はかく聞こえり。
  7. 第7話 風は台湾から吹く
  8. 第8話 孫文の知音
  9. 第9話 球は霊なり
  10. 第10話 ゴーストライターの極意
  11. 第11話 熱血のレクイエム
  12. 第12話 坊さんが屁をこいたとしても。
  13. 第13話 魯迅とドレスコード
  14. 第14話 ところ変われば
  15. 第15話 北緯34度13分
  16. 第16話 遥かなる敦煌
  17. 第17話 砂漠で哲学
  18. 第18話 日本人の悲観と中国人の楽観
  19. 第19話 三行指帰
  20. 第20話 「働」という漢字のある国
  21. 第21話 一対なる美
  22. 第22話 パチもんの文化
  23. 第23話  漢数字の三と悲しい歴史
  24. 第24話 父、カゴンマに還る
  25. 最終話  生まれ生まれ生まれ生まれて
  26. エピローグ 「入唐見聞録」を書くようになった経緯について
  27. あとがき 日本と中国の今までとこれから。