【造花】

作者 斗月冬歌

114

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実話だから、これほどまでに文体が生きていて、読者の胸を打つのでしょうね。こちらの作品がコンテストにエントリーしたとき、個人的にですが、この作品は間違いなく賞を獲る、そう思いました。それだけ文体に力があり、読む者を魅了する何かを持ち合わせた作品だと思います。この作品がコンテストに入賞しなかったので、ある意味、カクヨムの見識、審美眼を疑ったほどです。興味のある方は、ぜひ一読下さいませ。風俗の裏側を知る意味でも、特に有意義だと思います。他の作品も、ぜひ読んでみたい作家さんですね。

★★★ Excellent!!!

まず大阪、という文字は見逃していません。貴重な現場の裏側を丁寧な敬体で描いたノンフィクションでもあり、実用書でもありました。女性を造花に見立て、本物の花へと成長する姿を描き切った力作です。ローリング・ストーン… ロックスターの生涯を描く言葉ですが、尖っていた石が人生の流れに転がされて角が取れて丸くなっていく。そんな儚さを孕んだ作品。無駄な文章がほとんどなかっただけに、痛快でテンポも良く面白かったです。

★★★ Excellent!!!

エッセイというのは、詰まるところ日常の切り売りですから、平穏に生きてきたサラリーマンの日常より、なるべく刺激的な背景を持った人のエッセイの方が面白いのに決まっています。
特に法律に守られていない人たち、たとえば暴力団員とか泥棒とか、とんでもなくヤンチャな人の武勇伝とか、インモラルな人たちのスリリングな日常を活字にして覗き見るのは、いつの時代も面白いものです。
そういえば、直木賞作家の浅田次郎も、かつて売れない頃は極道エッセイストに身をやつしていました。

この作品もご多分にもれず、アダルトかつ、ハイリスクハイリターンな、スリリングな業界のお話しです。普通、こういった水商売の裏話などを読みますと、「闇金ウシジマくん」のコミックスをまとめ読みしたかのような、後味の悪い、嫌な気分にさせられるものですが、この作品に限っては、なぜか清々しい読後感があります。
作者は夜の世界に身を置きながら、理性と良心を失わず、 一人の親として、売春を決して美化するようなことはしません。むしろ警鐘を鳴らしています。
風俗嬢たちは、作者のご指導のおかげもあってか、風俗を卒業後、それぞれの幸福をつかみます。
この作品は見事に女性のしたたかさ、強さも弱さも描いています。

まったくもって余談ですが、私も宝塚記念を外しました。
ドゥラメンテの頭以外は考えていませんでした。
勝ったのはまさかの牝馬、マリアライト。
人も馬も、女が強い世の中ですね。

★★★ Excellent!!!

なんと言っても筆者の経験談が元になっている点が良かった。

ところどころに現実に経験した人間でないと書けない(描けない)であろう描写があり、この作品のクオリティの高さとリアリティが感じられた。

いろんな作品を読んだが、個人的にこの作品がイチオシ!

是非、出版まで行って欲しいところ。

次回作も、当然、期待しています。

★★ Very Good!!

 風俗と聞き、ヤクザが必ず関わっているのかとずっと思っていたがそうでもなかった。
 ちゃんとした企業であり、一つのビジネスであり、非常に大変な仕事である。
 エッセイとしても先が気になって純粋に面白いです!
 企業したいという方や、風俗を軽んじている人は必見!

※ある程度の常識と倫理観をお持ちになってお読みください。

★★★ Excellent!!!

”風俗”という、身近に接点のない世界で生きる女性たちとオーナーの、リアルな人間模様であるものの、不思議と距離を感じることなく、一気に読んでしまいたくなるストーリーだ。”愛しき風俗嬢達”というタイトルへの気持ちが、読み進めていくうちに少しずつ理解できた気がする。

★★★ Excellent!!!

いかにも騒ぎを起こしてくれそうな登場人物の紹介が終わった3章までしか読んでいないにも関わらず、既に面白いです。
今のところは、平凡ぽい主人公(作者?)も、そういう登場人物と渡り合っていくのだから、豹変していくのでしょうね。仮に豹変しなくて、振り回されるだけの展開になっても、小説としては面白くなりそうで、読者としては期待に胸を高鳴らしてしまいます。