【完結済】図書室で助けた美少女と本物の恋人になるまで

作者 海月 くらげ@現ファン特別賞受賞!

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全44話

更新

  1. 第1話 図書委員の『雪白姫』
  2. 第2話 青春なんて
  3. 第3話 なんのことですか?
  4. 第4話 図書室でまた、会いましょう
  5. 第5話 雷が降るくらい非現実的な
  6. 第6話 そりゃまあ、妹ですから
  7. 第7話 恋愛相談
  8. 第8話 予想していなかった頼み事
  9. 第9話 『雪白姫』との偽装交際
  10. 第10話 手を繋いでいる方がデートっぽいですし
  11. 第11話 人は誰しも可愛いペンギンには敵わないのです
  12. 第12話 誰にも言わないでくださいよ?
  13. 第13話 不透明な感情
  14. 第14話 女の子が言う『大丈夫』は大丈夫じゃないのよ
  15. 第15話 お見舞い
  16. 第16話 嬉しかったですよ、私は
  17. 第17話 些細なお願い
  18. 第18話 このぬくもりに浸っていたくて
  19. 第19話 心外です
  20. 第20話 慣れない浴衣の夏祭り
  21. 第21話 好きになって、しまいますか?
  22. 第22話 責任、取ってくださいね
  23. 第23話 羞恥で死にそうだ
  24. 第24話 悠莉と呼ばれたいです
  25. 第25話 その瞳は、涙に濡れていた
  26. 第26話 なんかじゃ、ないです
  27. 第27話 一番ですから
  28. 第28話 勉強会の誘い
  29. 第29話 白状しなよ、お兄
  30. 第30話 でも、ほんとのことですし
  31. 第31話 友人と呼ぶには近く、恋人と呼ぶには遠い関係
  32. 第32話 やっぱりずるい、です
  33. 第33話 それくらいの役得はあってもいいと思います
  34. 第34話 バレバレだよ
  35. 第35話 もう少しだけ、このままで
  36. 第36話 笑いません
  37. 第37話 友達ですからね
  38. 第38話 これは医療行為みたいなものです
  39. 第39話 だって可愛かったので
  40. 第40話 ずるいのは私かもしれません
  41. 第41話 決まったよ
  42. 第42話 想像していなかった提案
  43. 第43話 逃げないで答えて欲しい
  44. 第44話 初恋が始まる音がした