胎動

作者 神﨑なおはる

9

  • 残酷描写有り
  • 暴力描写有り
  • 性描写有り

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全50話

更新

  1. 01:酒栄璃亜夢はかく語りき
  2. 02:夜露の冷たさは家よりは辛くない
  3. 03:愛情の不在は哀れみよりも温かい
  4. 04:凶事の足音が聞こえる
  5. 05:前兆が分かれば避けられたのか
  6. 06:審判の足音が聞こえる
  7. 07:その歪みがどんな味がするのか
  8. 08:腹の中で何かが生きている気配がした
  9. 09:生きる事を促されるのは死ねと言われるより苦しい
  10. 10:道化の涙には衆人の嘲笑が詰まっている
  11. 11:辛いや悲しいよりも屈辱が勝った
  12. 12:地獄の住処の居心地は
  13. 13:偽善の対価が釣り合わない
  14. 14:胸を抉る香りは腐臭とは限らない
  15. 15:地獄に仏がいたけれど
  16. 16:頭を下げる度に尊厳が欠ける
  17. 17:その瞬間の訪れに恐怖だけが寄り添う
  18. 18:痛くて苦しくて悲しくて
  19. 19:白む空を見て思うことは
  20. 20:可哀想と思う気持ちが心の慰み
  21. 21:そこからが更なる過酷(注意)
  22. 22:井戸の底では息もままならない
  23. 23:その声は誰よりも泣いていた
  24. 24:名前で呼ばれて人間が始まる
  25. 25:そして漸く立ち上がれた
  26. 26:その未来はどこまでも険しくて
  27. 27:幸せは些細なことの中にも生きているのか
  28. 28:永延隼人はかく語りき
  29. 29:優しさが脳を抉る
  30. 30:天から蜘蛛の糸に救いはない
  31. 31:不幸と幸福であることはときに選べない
  32. 32:いつ母になったと思うのか
  33. 33:その隙間から見えたのは有り得ない幻
  34. 34:幸福の条件は手が届く距離にあるけれど
  35. 35:黒い晩餐は絶望の味がする
  36. 36:可哀想と思われていたかった
  37. 37:『大人』であるということ
  38. 38:許される虚しさが貴方は知らない
  39. 39:崖先に立たされるけれど飛ぶ勇気はないまま
  40. 40:大人と子供の境界線はひどく曖昧
  41. 41:小さな命が繋げ止めたもの
  42. 42:唐突に、もしくは漸くやってきた崩壊
  43. 43:自分にできることは多くないけど
  44. 44:軋む音は何処から
  45. 45:道化が壊れる夜
  46. 46:対面は想像以上の静けさが漂う
  47. 47:二人の行先は見えない
  48. 48:未来に笑顔が残るなら
  49. 49:大黒朱鳥はかく語りき
  50. 50:君が来るまで待っている