次は私の番だよね、と、彼女は言った

作者 弥月ねお

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全39話

更新

  1. テンション高かったので、勢いでアップしてみた
  2. 先輩に会いたくて、この大学に来たんだよ?
  3. 封印された想い
  4. 押しも押されもせぬ大スター
  5. たとえ神様が許しても、彼女のファンが許さない
  6. 卒業できないヒロイン
  7. 小さなハードシーケンサー
  8. 妄想力が才能である事に気付かないオタク
  9. 溢れ出す感情は抑えられない
  10. マイダーリン
  11. 卒業式で貴方を好きになるなんて
  12. 注目度ナンバーワン
  13. 必然のエンカウント
  14. ラブソングという翼
  15. 相乗効果のダブルトルネード
  16. 暴走するピアニスト
  17. 理性を保つ為のシナリオ
  18. そして彼らは事実を知る
  19. 手段とは、選ばない時に使われる
  20. 望まなかった未来が待っている
  21. その才能が彼女らを救う
  22. とある少女のものがたり
  23. ささやかなる想い
  24. あざといとさえ感じる程の可愛さ
  25. 計算か天然か、その判断は難しい
  26. こんな仔猫でも、貴方は拾ってくれますか?
  27. まるで別人
  28. 可愛いベーシスト
  29. こっそりと聞かれていたなんて恥ずかしい
  30. ある意味、運命だったのかも知れない
  31. 何を求めているのかが重要
  32. 目立ちたくない転校生
  33. こちらに顔を向けない先輩
  34. チョコレートの香りがする机
  35. 想いはきっと届くんだ
  36. 百万人規模のライブ構想
  37. モヤモヤが晴れそうだ
  38. 鍵を開けて下さい
  39. 最初から君のターン