次は私の番だよね、と、彼女は言った

作者 弥月ねお