世界の境界で、影浪《かげろう》は笑う。

作者 泡沫 希生

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全34話

更新

  1. 第一章 雨上がりの影浪――夕雨――
  2. 第1話 和装少女とカラス
  3. 第2話 出会い
  4. 第3話 描きはじめた理由
  5. 第4話 秘めた想い
  6. 第5話 葬送
  7. 第6話 影浪と人
  8. 第7話 残らないもの、残るもの
  9. 閑話 ある存在に関する記憶
  10. 第二章 迷える影浪――煙羽――
  11. 第1話 影浪と死神
  12. 第2話 影を荒らすもの
  13. 第3話 刻印の中心
  14. 第4話 寂しくて、寂しくて
  15. 第5話 交わす名前
  16. 第6話 これからも
  17. 閑話 影の世界に関する記憶
  18. 第三章 海辺の影浪――潮里――
  19. 第1話 白い少女
  20. 第2話 二人か、一人か
  21. 第3話 待ち人
  22. 第4話 想いには想いを
  23. 第5話 ありがとう。
  24. 閑話 盟約に関する記憶
  25. 第四章 世界の境界で、影浪は笑う。――合同――
  26. 前編
  27. 第1話 再会
  28. 第2話 巨大な影
  29. 第3話 ギリギリの戦い
  30. 第4話 現れたもの
  31. 第5話 集合
  32. 第6話 潜む不安
  33. 後編
  34. 第7話 力を合わせて
  35. 第8話 正刻を狙え
  36. 第9話 消えてはまた現れる
  37. 第10話 その一撃に全てを賭せ 1
  38. 第11話 その一撃に全てを賭せ 2
  39. 第12話 その日の終わり、彼らは笑う。
  40. 閑話 影浪に関する推測