世界の境界で、影浪《かげろう》は笑う。

作者 泡沫 希生