夏の言霊

作者 香鳴裕人

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全29話

更新

  1. 一  そもそも、恋人同士じゃないけどもさ。
  2. 二  実際、なれるじゃないですか。
  3. 三  何って、差し入れ。
  4. 四  そういうの隠してるのも裏切りかなって。
  5. 五  結局、あたしって何人目?
  6. 六  どっちも間違いなんだけどね。
  7. 七  先輩のせいでもありますよ。
  8. 八  置き忘れちゃって。
  9. 九  同じことでしょ。
  10. 十  あたしに聞かれても困るって。
  11. 十一  好きだって分かるから。
  12. 十二  これで、伝わる?
  13. 十三  ええ。抱けるものなら。
  14. 十四  男じゃなくて、ユウはユウだから。
  15. 十五  好きに断ってくれていい。
  16. 十六  似たようなことを、つい昨日聞いた。
  17. 十七  嬉しくもなるさ。
  18. 十八  せめてイーブンだと思っていいんですね。
  19. 十九  そりゃあ、帰るさ。僕は。
  20. 二十  今くらいは。
  21. 二十一  勇奈ちゃんのがまだよかった。
  22. 二十二  地球に飽きたら、
  23. 二十三  困りますよ。
  24. 二十四  言えていたはずだよ。
  25. 二十五  馬鹿にしてますよね。
  26. 二十六  それ、困るから。
  27. 二十七  これからを生きてく。
  28. 二十八  忘れないで。
  29. 二十九  それから……